あれっ、何でToSTNeT-3でなく、自己株式TOB?


中電工の自己株式TOB



 2016/11/29、中電工(1941)の自己株式TOBが発表(http://www.chudenko.co.jp/release/images/p161129_01.pdf)された。


<中電工の自己株式TOB> 

 買い手=自社
 株数=275万株を上限
 価格=普通株式1982円(11/28までの1ヶ月間の終値平均2178円の▲9%)
 総額=54億8900万円
 期間=11月30日~12月28日
 目的=経営環境の変化に対応して機動的な資本政策を可能とするため
 主要株主の中国電力の応募:250万株(持分割合:37.5%⇒33.6%へ)


 あれっ、でも何でToSTNeT-3http://www.jpx.co.jp/equities/trading/tostnet/01.htmlでなく、自己株式TOBhttp://www.dir.co.jp/souken/research/report/law-research/securities/08050903securities.pdf


 どうやら、その答えは、大株主・中国電力側の(二重課税防止目的の)みなし配当の益金不算入http://www.shinnihon.or.jp/shinnihon-library/publications/issue/info-sensor/pdf/info-sensor-2015-07-07.pdf)にありそうだ。

 中国電力の持分割合は33.3%超のため、みなし配当(http://www.dir.co.jp/souken/research/report/law-research/tax/041125tax.pdf)相当額が全額益金不算入となる。

 中電工が、ToSTNeT-3で自己株式取得を実施した場合、市場における取得となる(=「みなし配当」が発生しない)ため、上記のような税務上のメリットを享受することができない。


<売主の自己株式TOBに応募するメリット>

 持分割合:左側、みなし配当(受取配当金)の益金不算入額:右側

 (1)33.3%超、全額、(2)5%超〜33.3%以下、50%、(3)5%以下、20%


 なお、1株当たりの資本等の額<取得簿価の場合、譲渡損失の計上も可能となる(税効果あり)。


----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら
http://www.mag2.com/m/0001677393.html
発行者HP http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2016-12-04 08:00 | 自己株式TOB | Comments(0)