あれっ、日本版FDルールで開示が大変?


日本版フェア・ディスクロージャー・(「FD」)ルール
 

 2016/12/2 開催の金融審議会 市場ワーキング・グループ「FDルール・タスクフォース」(第3回)において、タスクフォース報告(案)が、公表された。


FDルール・タスクフォース報告(案)


 一昨年来、未公表の情報等を受領したアナリストが当該情報を提供して買付けの勧誘を行なったことを事由として、金融庁は以下行政処分(業務改善命令)を実施したため、日本においてもFDルールの導入へ向けた検討を行うことが提言(http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20160418-1.html)された。

クレディ・スイス証券(2016/4/25)http://www.fsa.go.jp/news/27/syouken/20160425-1.html

ドイツ証券(2015/12/12)


 欧米で導入済みのFDルールが日本に導入されるもので、17年の通常国会で金商法の改正案提出、18年4月までに日本版FDルールが施行される見通し。

 投資判断に影響するような重要な(インサイダー取引規制で列挙されている重要事実より幅広い)情報をフェア(公正・公平)に開示する趣旨のFDルールの導入により、上場会社側の負担が増えるように思われる。(なお、従来のEDINET及びTDnetに加えて、発行者のホームページによる公表も認められる予定。)


---------------------------------------------------------------------- 
元証券マンが「あれっ」と思ったことの 
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら 
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-02-13 08:00 | 上場会社 | Comments(0)