あれっ、楽天が自己株式取得?


楽天の自己株式取得


 2017/2/22、楽天(4755)は、1億2千万株(発行済株式数(除自己株式)の8.4%)、1,000億円を上限(期間1年)とする自己株式取得を発表した。

 一方で、2015/6に、1,800億円超(払込金額1,826.92円/株、1,500億円超をCP・借入返済)の公募増資を実施している。

 三木谷社長は「足元の株価は割安で、我々の想定する企業価値と大きな開きがある」と説明した(2017/2/21日経電子版より)。


<自己株式の取得を行う理由>http://corp.rakuten.co.jp/news/press/pdf/20170221_02_J.pdfより)

 当社の株式の市場価格、資本効率、ならびに財務状況等を総合的に勘案するもの


 具体的な数字で確認してみる。

(1)2015/6の公募増資:1,826.92円/株
(2)2017/2/23の終値:1,125.5円/株
(3)701.42円/株(上記(1)-(2))

 
 仮に(2)の価格で自己株式取得を1,000億円実施したとすれば、取得株式数約89百万株×(3)=約623億円の自己資本が(市場価格を利用して)増えたことになる。

 自己株式取得により、確かにPERROE等の数値は向上するが、個人的には、自己株式取得資金を配当利回り(楽天:2/23終値で0.4%程度)よりも高い収益(利回り)を稼ぐ事業への投資に振り向けるべきだと思うが、如何だろうか。


----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったことの
『まぐまぐ!』へのご登録はこちらhttp://www.mag2.com/m/0001677393.html
----------------------------------------------------------------------



[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-02-25 08:00 | 自社株買い | Comments(0)