あれっ、銘柄によってCB発行条件が違う?


ゼロクーポン・ユーロ円CB


  2017/3/14、2件の大型のゼロクーポンCB(転換社債型新株予約権付社債)がユーロ市場でローンチした。

<三菱ケミカルHD(4188)>
  金額 750億円/同左
  年限 5年/7年
  募集価格 103%/同左(引受手数料2.5%)
  転換価額のアップ率 42%/40%
  資金使途 借入(M&A等)返済、設備投資等 1,200億円、自己株式取得 300億円(⇒3/15にToSTNeT-3で取得済)
  2017/3/15終値 869.5円(前日比▲3.28%)

<九州電力(9508)>
  金額 750億円/同左
  年限 3年/5年
  募集価格 102%/同左(引受手数料2%)
  転換価額のアップ率 15%/18%
  資金使途 借入返済、設備投資 1,000億円、社債償還 500億円
  2017/3/15終値 1,147円(前日比▲8.01%)


<感想>
  両者のアップ率の違いは、株価のボラティリティの違いを反映したもの。

  なお、自己株式取得の有無が、ローンチ翌日の株価下落の差にも(多少は)影響したものと思われる。


----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったことの
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら  http://www.mag2.com/m/0001677393.html
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-03-17 08:00 | CB | Comments(0)