【 遺族補償年金の男女間の需給要件の違い 】

 2017/3/21、妻が一定の年齢に達していることは需給の要件とされていないが、夫は一定の年齢に達していることを需給の要件とすることは、合法であるとの最高裁判決が出た。以下は、判決文※からの大要の抜粋である。
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/612/086612_hanrei.pdf


<根拠>
・男女間における生産年齢人口に占める労働力人口の割合の違い
・平均的な賃金額の格差及び一般的な雇用形態の違い等からうかがえる妻の置かれている社会的状況

に鑑み、妻について一定の年齢に達していることを需給の要件としないことは、合理的な理由を欠くものということはできない。

⇒ 憲法14条1項※※に違反するということはできない。

※※「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」


<感想>
 最高裁判決の内容も時代の変遷とともに、変化して行くことが想定される。(本件は夫が逆差別されているような内容)

 将来、男女間における、平均的な賃金額の格差や一般的な雇用形態の違いが解消されれば、妻においても(夫と同様、)一定の年齢に達していることが需給の要件となるよう、変更されるに違いない。


----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら
http://www.mag2.com/
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
# by tsuruichi1024 | 2017-03-25 08:00 | 最高裁判決 | Comments(0)



[PR]
# by tsuruichi1024 | 2017-03-24 08:00 | CB | Comments(0)


【 金融庁の大改革 】

 2017/3/17、「検査・ 監督 改革 の方向と 課題-金融モニタリング有識者会議報告書-」が公表された。(http://www.fsa.go.jp/news/28/singi/20170317-3/01.pdf

 以下は、同報告書からの大要の抜粋である。


<金融庁の発足当初の3つの任務>

 ・金融システムの安定
 ・利用者の保護
 ・市場の公正性・透明性の確保

 ⇒ 次の究極的な目標のための手段に過ぎない(必要条件であっても十分条件では必ずしもない)


<金融行政の究極的な目標>

 「企業・経済の持続的成長と安定的な資産形成等による国民の厚生の増大」

 ⇒ 金融行政の環境や優先課題が変化する中、検査・監督のあり方が金融行政の究極的な目標と整合的な姿となっているかどうか、絶えず、点検を続け、必要な見直しを続けるべきである


<検査・監督手法の見直し>

 「形式・過去・部分」(最低基準の充足状況の確認)から「実質・未来・全体」(下記1や2)へ

 1.「ベスト・プラクティスの追及に向けた対話」のための手法
 2.「持続的な健全性を確保するための動的な監督」のための手法
 3.「実質・未来・全体への視野の拡大」に沿った手法


<感想>

 2017/3/18の日経新聞朝刊の表題で「金融行政を刷新 処分庁から育成庁へ」とされているように、金融庁の役割が、これまでの過去の検査中心から、未来に向けた成長のための能動的な関与へ変化するようだ。

 本件も安倍内閣の(経産省主導の)GDP600兆円に向けた取り組みの一環であるように思われ、好感が持てる。


----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら http://www.mag2.com/
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

[PR]
# by tsuruichi1024 | 2017-03-23 08:00 | 金融庁 | Comments(0)


「人生の終いじたく まさかの、延長戦!?」(中村メイコ著、青春出版社)


 以下は掲題書からの抜粋である。


  モノと思い出を捨てるのは、明日を生きるため

 モノを捨てたいのに捨てられなくて悩んでいる方は、自分自身にいいきかせるとよいでしょう--。昨日はふりかえらない、明日に向かって生きるんだ、と。カッコつけているみたいだけれど、私自身、この言葉によって、悲しいことや苦しいことを乗りこえてこられたし、つい最近は、モノもたくさん、たくさん捨てることができました。

 ところで、ふしぎなことに、捨てたくないな、どうしようかなと、さんざん迷ったモノでも、いったん捨ててしまったら、思い出すことはなかったのです。私の場合が特別なのではなくて、案外、そんなものなのかもしれません。

 人の心は当てにならない、不実なもの。大事に思っているつもりでも、それはただの思いこみにすぎなくて、捨ててなくなれば、そのあとはつゆほどの痛みも感じないですむのが人間なのかもしれません。人の心は案外、たくましいもののようです。


<感想>

 先月引越しした私に今必要なのは、メイコさんの「モノを捨てて、明日に向かって生きる」心意気である。


----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら
http://www.mag2.com/
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

[PR]
# by tsuruichi1024 | 2017-03-22 08:00 | 読書 | Comments(0)


「人生にはやらなくていいことがある」
(柳美里著、ベスト新書)


 以下は掲題書からの抜粋である。


  あとがき

 ーーなんと、小島博人さんの企画書には本のタイトルまで書いてありました。
『人生にはやらなくていいことがある』

 あたしの「人生」を振り返った時、自分では「やらなくてはいけないこと」をやり続けてきた気がするけど、見方を変えたら、そうではないのかもしれない。人間は、意識的な行為よりも、無意識的な行為の方に引っ張られるものだからーー。

 小島さんがそう感じた、そうイメージしている「柳美里」に基づいて、自分の「人生」を構成し直すーー、それはわたしが自分で知らず識らずのうちにアレンジしている思い出の「輝き」や、思い出の「痛み」を、いったん無いことにして「人生」を見つめ直してみる、ということでもあります。

 「痛み」や「輝き」があまりにも大き過ぎると目が眩んで、その大元の出来事が見えなくたってしまうからーー。


<感想>

 本書は、担当編集者(小島博人さん)からの突然の依頼(by PC)をきっかけとして、半年に渡って著者が「人生」を語り、ライターが構成したものを著者が書き直したものだという。

 ひょんな縁で物事は動き始めるものだなぁと改めて思う。

 ここで、著者(48歳)は「人生」を見つめ直す機会を得たようだ。

 私(53歳)も(少し時間をかけて)「人生」を見つめ直してみようかと思う。


----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったことの
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら
----------------------------------------------------------------------

[PR]
# by tsuruichi1024 | 2017-03-21 08:00 | 読書 | Comments(0)