【 八十、九十にして? 】

 2017/7/22の「サワコの朝※」のゲスト、おんとし61歳になった浅田美代子が選んだ2曲目は、歳を重ねていく自分と重なる曲という、竹内まりやの「人生の扉」だった。
 ※http://www.mbs.jp/sawako/sp/backno.shtml


 「人生の扉」(作詞作曲:竹内まりや)と「論語」(孔子)(括弧書き)を比較してみる。

 I say it's fun to be 20
 (吾十有五にして学に志す)

 You say it's great to be 30
 (三十にして立つ)

 And they say it's lovely to be 40
 (四十にして惑はず)

 But I feel it's nice to be 50
 (五十にして天命を知る)

 I say it's fine to be 60
 (六十にして耳順ふ)

 You say it's alright to be 70
 (七十にして心の欲する所に従ひて矩(のり)を踰えず(こえず))

 And they say still good to be 80
 But I'll maybe live over 90


<感想>
 「気がつけば五十路を 越えた私がいる  満開の桜や 色づく山の紅葉を この先いったい何度 見ることになるだろう」の歌詞。国立の大学通りの桜もこの先何度見られるだろうか。(七十にして矩を踰えなくなった孔子は、八十、九十にしてどうなるのだろう。)

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-08-25 08:00 | 歌詞 | Comments(0)