【 祝・W杯出場! 】

 2017/8/31、久々に最初から最後まで、サッカーの試合をテレビで見た。テレビ朝日系で生放送された平均視聴率は24.2%、最高視聴率は35.0%だったという。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選B組。日本はオーストラリアに2-0で勝利し、6大会連続の6度目のW杯本大会出場を決めた。

 スターティングメンバーを見た時にはこれで大丈夫かと思ったが、監督の采配は的中した。

 以下は、朝日新聞デジタルの記事(
http://www.asahi.com/articles/ASK8Z4HC2K8ZUTQP016.html)からの一部抜粋。数字は、最終予選での今回のハリルホジッチ監督(9試合終了時点) vs 前回のザッケローニ監督(全8試合)の比較。

1.「激しい球際での攻防」
・タックル 23・1回 vs 18・8回

2.「縦への速い攻撃」
・ボール奪取 76・5回 vs 69・3回
・ボール奪取から10秒未満のシュート 3本 vs 1.13本

3.「その時点でベストと思える、プレーするのに値する選手を使う」
・最終予選での先発選手:前回のザッケローニ氏19人(全8試合)に対し、26人(9試合終了時点)


<感想>
 バヒド・ハリルホジッチ監督(65)が就任してから約2年半。監督は、オーストラリア戦を前に、自分が相手監督を出来ると思われるほど敵を研究し尽くしたと言う。20代前半の浅野と井手口のシュート。監督のしたたかな戦略が実を結んだ勝利だったと言えよう。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------



[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-09-04 08:00 | 戦略 | Comments(0)