キーエンスの事業年度の変更


キーエンス(6861)は、2016/4/27に事業年度の変更を発表した(出所:http://www.keyence.co.jp/company/outline/disclosure.jsp の2016/4/27)。



『 変更の理由

 平成28年度税制改正により、平成28年4 月1日以降に開始する事業年度から法人税率が引き下げ られることになりましたが、当社の場合、従来の事業年度では平成29年3月21日以降の適用となり ます。この遅れを少なくするため平成28年6月21日から新事業年度を開始することで、税務メリッ トより早く享受企業価値の最大化が図れると考えております。 』


法人税の税率に関する改正
(出所:https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/hojin/kaisei_gaiyo2016_4/pdf/03.pdf

 改正前 平27.4.1以後開始年度 23.9%
 改正後 平28.4.1以後開始年度 23.4%(▲0.5%)
     平30.4.1以後開始年度 23.2%(▲0.2%)


法人税額の簡易試算(例)

 H29/3期第1Q(6/21~9/20)の当期純利益 374億円×4(倍)=1,496億円(1年分)
 1,496億円÷(1-23.9%)×0.5%=約10億円


キーエンス、高収益企業が決算期を変えるワケ
(出所:http://toyokeizai.net/articles/-/69763?display=b

『 営業利益率5割超に達してもなお、税務メリット追求するために臆面もなく決算期の変更までやってのける――。こうしたところにも、高収益企業の利益に対する飽くなき貪欲さをうかがい知ることができる。 』



 収益を追求し続けるキーエンスの飽くなき貪欲さを見習ってゆきたい。


----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら
http://www.mag2.com/m/0001677393.html
発行者HP http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------
[PR]
by tsuruichi1024 | 2016-12-19 08:00 | 税務メリット | Comments(0)