建築着工統計調査報告 

2017/1/31に、国交省から建築着工統計調査報告(平成28年計)が公表された。


平成28年の新設住宅建築着工戸数(概要)


総戸数  967,237戸(前年比+6.4%)2年連続の増加
延面積  78,178千㎡(同+4.2%)3年ぶりの増加
平均  80.03㎡/戸


持家  292,287戸(同+3.1%)3年ぶりの増加
貸家  418,543戸(同+10.5%)5年連続の増加
分譲住宅  250,532戸(同+3.9%)2年連続の増加
  うち、マンション 114,570戸(同▲0.9%)昨年の増加から再びの減少
  うち、一戸建住宅  133,739戸(+8.2%)3年ぶりの増加

地域別の貸家  対前年比
  首都圏  +10.1%
  中部圏  +9.6%
  近畿圏  +5.6%
  その他  +11.5%

>>貸家の延びが顕著。施工業者中心に、相続税の節税や低金利下での資産運用を煽ってこることが背景か。


総住宅数に対する空き家率(2015年10月1日現在)


総戸数  6063万戸(5年前比+304万戸、+5.3%)平成10年からの15年間で+1000万戸以上

空き家数  820万戸(同+63万戸、+8.3%)

空き家率  13.5%(同+0.4%)平成10年に初めて1割超の11.5%に


人口の推移

日本は、人口減少局面を迎え、2060年には総人口が9000万人を割り込み、高齢化率は40%近い水準になると推計


>>マクロ的には、少子高齢化が益々進行し、空き家率も高まることは自明

  これから、貸家の着工/投資に踏み切る選択は、深く吟味した上で、よくよく考えた方が良さそうだ


---------------------------------------------------------------------- 
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら 
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-02-09 08:00 | 建築着工統計 | Comments(0)


国土交通省の10月の建築着工統計調査報告(修正)


 2016/12/21、国交省より平成28年10月分の建築着工統計調査報告(修正)が発表(http://www.mlit.go.jp/common/001156785.pdf)された。(修正前:http://www.mlit.go.jp/common/001153771.pdf


 住宅着工戸数 87,239戸 前年同月比4ヶ月連続の増加(前年同月比+13.1%

 (持家) 前年同月比9か月連続の増加(同+4.9%

 (貸家) 前年同月比12か月連続の増加(同+22.0%)・・・「2ケタ増の月も多い。相続税の節税資産運用目的のアパート建設が好調」(日経電子版2016/12/19 22:18の記事より)

 (分譲住宅) 前年同月比2か月連続の増加(同+9.3%


このままアパート建設が増え続けて大丈夫?

 施工業者筋は、相続税/所得税の節税対策や資産運用として、地主のみならず、土地を保有しないサラリーマンにまで、(土地付)アパート建設を煽っているようにも見える。

 また、同様に、マンション投資(新築、中古を問わず)の情報も見ない日はない。

 しかし、少子高齢化は自明で、今後、アパートやマンションへの入居需要が増えていくことは想定し難い。


金融庁の検査

 日経電子版(2016/12/14 0:36)によれば、金融庁アパートローンの過熱を警戒し、年明けにも地銀105行に検査を実施すると言う。

 1件ごとに、節税に繋がっているか、収支が黒字かなどを点検するようだ。

 今後の需給状況の見通し等を含めて、よくよく検討した上で、投資することをお勧めしたい。

 もうはまだなり まだはもうなり・・・
 (http://www.jsda.or.jp/manabu/proverb/contents/proverb21.html

 何事も腹8分目が良さそうだ。


----------------------------------------------------------------------
 元証券マンが「あれっ」と思ったこと
 『まぐまぐ!』へのご登録はこちら
 http://www.mag2.com/m/0001677393.html
 発行者HP http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------
[PR]
by tsuruichi1024 | 2016-12-27 08:00 | 建築着工統計 | Comments(0)