【 KKRジャパン 】

 近年(特に今年)、KKRジャパンによる投資案件(含む、カーブアウト(「CO」)案件)が増えてきた。以下は案件概要の一部抜粋
(出所:
http://www.kkr.com/ja/our-firm/timeline/kkr-japanhttp://www.kkr.com/ja/media-center/press-releases

 2010年 インテリジェンス(総合人材サービス会社)に対し、日本における初のプライベート・エクイティ投資を行う

 2013年 インテリジェンスホールディンスをテンプホールディングスに売却

 2014年 パナソニック ヘルスケア(医療機器の開発、製造、販売、サービス提供)に投資(株主構成:KKR80%、パナソニック20%)・・・CO案件

 2015年 Pioneer DJ(パイオニア株式会社のDJ機器の開発事業部門)に投資(株主構成:KKR85.05%、パイオニア14.95%)・・・CO案件

 2016年 パナソニックヘルスケアのパートナーに三井物産(KKR持分22%を541億円で取得)が新たに参加

 2016年 日立工機の公開買付け(「TOB」)か?成立(約89.79%(内、日立製作所約40.25%、日立アーバンインベストメント約10.90%)の日立工機の普通株式及び新株予約権の応募の全てを取得)

 2016年 カルソニックカンセイ(「CK」)のTOBが成立(95.21%(内、日産自動車約41%)のCKの普通株式の応募の全てを取得)

 2016年 日立国際電気に対するTOBを発表(日立製作所が所有する株式(所有割合:51.67%)は自己株式取得&減資)

<カーブアウト>
(出所:
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/mergers-and-acquisitions/articles/term-carve-out-20120719.html
 「カーブアウト」とは、上場会社のグループ内の子会社または事業の価値がマーケットから低く評価されている(コングロマリット ディスカウント状態)ときに、当該事業を切り出し、社外の別組織として独立させることにより、当該事業の価値を実現させることをいう。しかし、デューデリジェンスの実務では、「Carve out=切り出す」という用語に準じ、事業を分離して切り出す一連の作業、または、全社の財務諸表から対象事業の財務諸表を切り出す作業を指すことが多い。

<感想>
 今後益々、各社の事業の選択と集中が進むことが想定され、上場企業のCOやTOB案件におけるKKRの投資動向に注目していきたい。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-05-06 08:00 | 運用会社 | Comments(0)



海外の資産運用会社

 
 2016/12/27、日経新聞朝刊(P15)に、以下内容の記事(一部抜粋)が掲載されていた。


『 海外マネー、成長株に

 主要な海外投資家が、利益成長の見込める日本企業の株式保有を増やしている。米キャピタル・グループやフィデリティは中小型株を中心に5%超の株式取得を相次ぎ開示し、米ブラックロックも主要企業の保有比率を引き上げた。円安や働き方などの構造改革で来期業績は増益になるとの見方が広がっている。一方で割安株で運用する投資家の一部は、最近の株価上昇で利益確定に動いている。 』


 海外の資産運用会社の内容を確認してみた。


ブラックロック
https://www.blackrock.com/jp/individual/ja/about-us/corporate-information/about-blackrock
 ブラックロックは、グローバルに資産運用、リスク・マネジメント、アドバイザリー・サービスを提供している世界有数の資産運用会社です。2016年9月30日現在、運用資産残高はグループ全体で総額5.1兆米ドル(約518兆円)にのぼります。ブラックロックでは、お客様のニーズに応じて、アクティブ、エンハンスト、インデックス等の戦略を駆使して市場や資産クラスを跨いだ様々な運用サービス及び商品をご提供しています。そうした運用サービスや商品は、投資一任口座、ミューチュアル・ファンド、iShares®ETF(上場投資信託)等、多様なスキームで運営されます。また、ブラックロックは、ブラックロック・ソリューションズ®を通じて、リスク・マネジメント、アドバイザリー・サービス、全社的資産運用プラットフォーム提供サービスを機関投資家にご提供しています。ブラックロックは、北米、南米、欧州、アジア、オーストラリア、中東、アフリカ等、世界30カ国以上の拠点と従業員13,000名超で事業を展開しています。


フィデリティ
https://m.fidelity.jp/fskk-mobile/about-fidelity/default.page
 フィデリティ・インターナショナルは、世界24カ国でビジネスを展開し、6,000名を超えるスタッフを有しています。日本では1969年に拠点を構えて以来、40年以上の歴史を誇ります。グループの一員であるフィデリティ証券は、1998年より日本の個人投資家の皆様向けに投資信託の販売を開始し、現在に至ります。


キャピタル・グループ
https://www.thecapitalgroup.com/advisor/jp/ja/about.html
 キャピタル・グループは、1931年の創業以来、徹底した調査活動、確信度の高いポーフォリオの構築、説明責任の徹底を厳格に堅持することで、長期投資を望まれるお客様に優れた運用実績を提供することに総力を結集しています

会社概要
 当グループの日本法人であるキャピタル・インターナショナル株式会社は、日本においても投資信託や投資顧問業務を通じて、30年以上にわたり資産運用サービスを提供しています

機関投資家のみなさま
 年金をはじめとする機関投資家のお客様向けにも、株式および債券運用を中心としたアクティブ運用をご提供しております


ハリス・アソシエイツ社(ハリス・アソシエイツ・エル・ピー)
http://www.alamco.co.jp/fund/harris/
 ・ハリス・アソシエイツ社は、1976年にシカゴを本拠地として設立されました。
 ・バリュースタイルの運用に確固たる信念を持ち、すべての株式ファンドを一貫したバリューの哲学に基づき運用しています。
 ・運用資産は約1,054億米ドル(2016年9月末現在)


ブランデス
https://www.brandes.com/ja/japan
 Brandes Investment Partners®は、資産運用のリーディング・ファームであり、全世界の法人や個人のお客様のために、株式や債券を運用しています。1974年の設立以来、ベンジャミン・グレアムが提唱したバリュー投資理論を用いて株式の選定を行ってきました。バリュー投資にグローバルな視点を取り入れた最初の投資顧問会社の1つとして、当社は様々な投資商品を運用しています。


 これら海外の資産運用会社のお眼鏡に叶う投資対象となり得たら、本望であるに違いない。


----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら
http://www.mag2.com/m/0001677393.html
発行者HP http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------
[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-01-03 08:00 | 運用会社 | Comments(0)