平成29年度予算政府案


 2016/12/22、平成29年度予算案(租税及び印紙収入概算)が閣議決定(http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2017/seifuan29/index.htm)された。


<平成29年度予算案(シェア)/平成28年度補正後(増加率)
 所得税   17.9兆円(31.1%)/17.7兆円(+1.3%)
 法人税   12.4兆円(21.5%)/11.1兆円(+11.3%)
 消費税   17.1兆円(29.7%)/16.8兆円(+2.0%)
 上記小計  47.5兆円(82.3%)/45.6兆円(+4.0%)
一般会計分計 57.7兆円(100%)/55.9兆円(+3.3%)

>>改めて、上位3つ(所得税・法人税・消費税)のシェアの高さ(82.3%)が目を引く


 一方、財務省HPで一番古い(補正後)予算額である平成9年度(消費税率が3%から5%に上がった最初の年度http://www.mof.go.jp/tax_policy/reference/taxes_and_stamp_revenues/1c012t1.htm)を確認してみた。

<平成9年度補正予算>
 所得税   19.5兆円(34.7%)
 法人税   14.8兆円(26.2%)
 消費税   9.7兆円(17.2%)
 上記小計  44.0兆円(78.2%)
一般会計分計 56.2兆円(100%)

>>上位3つ(所得税・法人税・消費税)のシェア(78.2%)の内、所得税・法人税の高さ(61.0%、平成29年度予算案では52.6%)が目を引く


・安倍政権は、消費税率10%への引き上げを延期(当初2015/10⇒17/4⇒19/10)したが、平成28年度補正を単純に1.25(10%÷8%)倍した差額が4.2兆円、所得税・法人税の平成28年度補正と9年度補正との差額が4.1兆円

・景気浮揚等に伴い、(消費税率アップに見合うような)所得税・法人税が増えれば、良いことになる。

・やはり、当面は、(消費税率アップに頼ることのない)所得税・法人税の元となる景気浮揚等を優先すべきものと思われる。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら
http://www.mag2.com/m/0001677393.html
発行者HP http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------
[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-01-08 08:00 | 国家予算 | Comments(0)