公募増資と株価(時価総額)


 最近2つの公募増資案件を目にした。

 公募増資は、(インサイダー情報が存在しないタイミングで)取締役会決議で可能なため、会社側に「いつ実施するのが最適か」を選択する権利がある(既存株主は(希薄化に伴う株価下落を被る)受身の存在)。

 公募増資で調達した資金を、投資家の期待利回りを超える投資等に回すことが出来たならば、(少なくとも理論上は)「将来の株価>(公募増資発表前の)現在の株価」となり、調達金額を超える時価総額の増加となるのであろう(が、その結果が出るまでには時間がかかる)。


【みちのく銀行の事例】
プレスリリース:1月6日15:30
公募増資株式数:30,440千株(発行済株式数の20.2%)
1月6日終値:227円/時価総額34,254百万円
1月10日終値:200円(▲11.9%)/同36,268百万円

【ケンコーマヨネーズ】
プレスリリース:1月10日16:00
公募増資株式数:2,000千株(発行済株式数の14.1%)
1月10日終値:3,370円/時価総額47,891百万円
1月11日終値:3,190円(▲5.3%)/同45,333百万円

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったことの
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら
http://www.mag2.com/m/0001677393.html
発行者HP http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------
[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-01-16 08:00 | 公募増資 | Comments(0)