我が国の株式市場における海外投資家の動向


 2016/12/26に内閣府より掲題レポート(http://www5.cao.go.jp/keizai3/shihyo/2016/1226/1157.html)が、2017/1/10に東証より株式年間売買状況(http://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/investor-type/00-02.html)が公表された。大要は以下の通り。


<投資主体別売買状況>

 海外投資家 : 順張り(株価上昇局面で買い越し、下落局面で売り越す)
 2016年の委託(Brokerage Trading)内訳(シェア)/ネット売越・買越 :
   海外投資家 776.0兆円(73.8%)/▲3.6兆円
   個人    175.8兆円(16.7%)/▲3.2兆円
   法人    89.1兆円( 8.5%)/+4.7兆円
   証券会社  10.3兆円( 1.0%)/▲0.1兆円

<株式保有比率>
 外国人等

 1990年代初頭の株式保有比率5%弱⇒2013年度30%超まで上昇

 金融機関(銀行や保険会社)
 1990年代半ば頃まで15%程度(株式持ち合いを軸に)⇒徐々に低下(大口信用供与規制等)


<市場関係者へのアンケート調査結果>

 先行きの株式相場において海外投資家の動向に注目する割合 : 約8割
 海外投資家が株式相場に与えるインパクト : プラスのインパクトを与えるとの見方が増えている


<まとめ>

 我が国の株式市場における海外投資家は、売買シェアや市場関係者からの注目度が高い
 今後も、我が国の株式市場を確認する上で海外投資家の動向を把握することが重要

 ⇒海外経済の不確実性にも留意していく必要あり


----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったことの
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら
http://www.mag2.com/m/0001677393.html
発行者HP http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------
[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-01-18 08:00 | 投資家動向 | Comments(0)