民進党・蓮舫氏の代表質問に見る実質経済成長率


  以下は、蓮舫代表の2017/1/24の参院本会議で安倍総理の施政方針演説に対する代表質問(予定稿)からの一部抜粋(https://www.minshin.or.jp/article/110757/)。


『 【経済政策

 実質経済成長率で見ると、安倍内閣年平均1.3%我々の政権時年平均1.6%を下回っています。 』


国内総生産(支出側、実質:連鎖方式(旧基準)>
(出所:http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/kakuhou/files/h26/h26_kaku_top.html

(単位:兆円)
2007/12 08/12 09/12 10/12 11/12 12/12 13/12 14/12 
 513.7  508.9  480.3  503.8  502.2  511.2 518.2  518.1



<結論>

 民進党は、前民主党時代の2009年9月から2012年12月まで、衆議院第一党として、日本の政権を担当

 2008年9月のリーマンショックの影響は大きく、2007/12に513.7兆円だったGDPは2009/12に480.3兆円まで落ち込んでおり、どん底を基準とする民主党時代の成長率が高いのは自明であり、蓮舫代表の発言には首を傾げざるを得ない。


----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら
http://www.mag2.com/m/0001677393.html
発行者HP http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------
[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-01-31 08:00 | 民進党 | Comments(0)