【 神戸製鋼所(5406)のコーポレート・ガバナンス 】

1.自主点検における妨害行為

(1)2017/10/20の日経新聞電子版
 
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22535210Q7A021C1TJ2000/

『 神戸製鋼所、梅原副社長「不正発覚免れる行為あった」

 ──不正の隠蔽を具体的に説明してほしい。

 「アルミ・銅事業の自主点検中、長府製造所(山口県下関市)で管理職を含むグループ従業員の妨害があった。点検過程で不適合品のデータを報告せず隠していた。19日、社内の相談窓口に情報提供があり判明した」 』


(2)会社プレスリリース
 
http://www.kobelco.co.jp/releases/files/20171020.pdf


2.神戸製鋼所の「コーポレート・ガバナンス」(⇒以降は個人的感想)
http://www.kobelco.co.jp/about_kobelco/kobesteel/governance/__icsFiles/afieldfile/2017/06/21/170621_cgreport.pdf

(1)企業理念・経営ビジョン

 [企業理念]
 当社グループは、下記の企業理念のもと、株主、投資家、顧客や取引先、従業員、地域社会など、あらゆるステークホルダーの皆様に対して、企業としての社会的責任を全うできるよう努力を続けることにより、持続的な企業価値の向上を目指してまいります。
 ⇒ 本当に「企業としての社会的責任を全うできる努力」をしているのか?


(2)KOBELCOの3つの約束

 1.信頼される技術、製品、サービスを提供します
 2.社員一人ひとりを活かし、グループの和を尊びます
 3.たゆまぬ変革により、新たな価値を創造します
 ⇒ 本当に、「信頼される製品、サービスを提供」しているのか?


(3)KOBELCOの6つの誓い

 私たち神戸製鋼グループに属する全社員は、KOBELCOの3つの約束を果たすために、以下を宣誓します。

1.高い倫理観とプロ意識の徹底
 私たちは、法令、社内ルール、社会規範を遵守することはもちろんのこと、高い倫理観とプロとしての誇りを持って、公正で健全な企業活動を行います。
 ⇒本当に、「高い倫理観とプロとしての誇りを持って」いるのか?

2.優れた製品・サービスの提供
 私たちは、安全かつ安心で、優れた製品・サービスを提供し、社会に貢献します。
 ⇒ 本当に、「安全かつ安心で、優れた製品・サービスを提供」しているのか?

3.働きやすい職場環境の実現
 私たちは、安全で安心して働くことができる職場環境を実現します。(以下略)
 ⇒ 本当に、「安全で安心して働くことができる職場環境」になっているのか?

4.地域社会との共生(文章略)
5.環境への貢献(文章略)

6.ステークホルダーの尊重
 私たちは、顧客、取引先、社員、株主等を含む幅広いステークホルダーを仲間として尊重し、健全かつ良好な関係を築きます。
 ⇒ 本当に、「顧客、取引先を仲間として尊重」しているのか?


(4)中長期経営ビジョン
(冒頭略)
・グローバル市場において存在感のある企業グループ
・安定収益体質と強固な財務基盤を備え持つ企業グループ
・株主・取引先・従業員・社会と共栄する企業グループ
の3つを将来の神戸製鋼グループ像として目指すものです。

 ⇒ 本当に、「取引先・従業員と共栄する企業グループ」になっているのか?


<感想>
 (美辞麗句を並べ立てた)「コーポレート・ガバナンス」を設定するだけでは意味がない。「不祥事を防ぐ組織風土」*を企業グループ全体の隅々にまで浸透させられなければ、再び同様の不祥事が起こり得る。
*
https://ameblo.jp/tsuruichi1024/entry-12317095620.html

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-10-22 08:00 | コーポレート・ガバナンス | Comments(0)


<米国のコーポレート・ガバナンス・システム>


以下は、添付HP※からの一部抜粋。
<特別委員会による承認>
真に外部の有資格の取締役から成る特別委員会が、それぞれの外部顧問の助言を得て取引の公正性を承認することが求められる。

<特別委員会による「マーケットチェック」>
「マーケットチェック」の実施が義務付けられており、事実上は第三者オファーを募集するために会社を競売する。

<外部の財務顧問によるフェアネス・オピニオン>
外部の財務顧問は提案された株式交換比率の公正性を公式に認める「公正性に関する意見(fairness opinion)」の提出が求められる。

<裁判所の積極的役割>
裁判所は、その非公開化取引の手続きと買収価格が少数株主にとって公正であると完全に納得しないかぎり、ためらうことなく買収価格を調整してくる。


<感想>
日本のコーポレート・ガバナンスは、まだまだ発展途上で、グローバルスタンダード並みに向上するにはしばらく時間がかかりそうだ。


----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったことの
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001677393.html
----------------------------------------------------------------------



[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-03-09 08:00 | コーポレート・ガバナンス | Comments(0)