三井住友銀行がSMFG株を売出し


三井住友フィナンシャルグループ(8316、SMFG)は、株式売出し(売出人:三井住友銀行)に関して、2017/3/3に決議※し、3/13にプライシング※※した。http://www.smfg.co.jp/news/j920013_01.html

<売出概要>
売出人:三井住友銀行
売出株数:37,235,500株(発行済株式数の2.6%。2012年のグループ再編で保有したもの)
オーバーアロットメンとによる売出し: 5,585,300株(売出株数×15%)
売出価格:4,231円(3/13終値4,362円(3/3終値4,453円から2%下落)の3%ディスカウント)
目的:資本の拡充(売出価格ベースで約1,624億円)
引受価額:4,056.52円(引受手数料4%)


<会社法153条第3項
子会社は、相当の期間にその有する親会社株式を処分しなければならない。


<感想>
会社法の「相当の期間」というのは、法律にしては大雑把な表現という印象。(今回は約5年)

グローバルベースの銀行は、今後、資本の拡充が要請されるため、今般の売出しは止むを得ないように思われる。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったことの
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001677393.html
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-03-16 08:00 | 株式売出し | Comments(0)