【 SGホールディングス:東証1部新規上場 】


 2017/12/13、SGホールディングス(9143)が初値1,900円で東証1部に新規上場した。


1.IPOの条件決定
http://www2.sg-hldgs.co.jp/uploads/resources/newsrelease/2017/pdf/20171204_1.pdf

(1)売出し価格:1,620円

(2)売出株式数:78,775,400株
   国内 55,142,800株(OA 7,192,500株)
   海外 23,632,600株
  (国内:海外=7:3)

(3)価格決定の理由等
・売出価格等の決定に当たっては、仮条件(1株につき1,540円~1,620円)に基づいて国内外の機関投資家等を中心にブックビルディングを実施

[ 当該ブックビルディングの特徴 ]
1.申告された総需要株式数が、公開株式数を十分に上回る状況であったこと
2.申告された総需要件数が多数にわたっていたこと
3.申告された需要の相当数が仮条件の上限価格であったこと

⇒ 上記ブックビルディングの結果、売出株式数以上の需要が見込まれる価格であり、現在の株式市場の状況、最近の新規上場株の株式市場における評価及び上場日までの期間における価格変動リスク等を総合的に勘案して、1株につき1,620円と決定

(4)引受価額:1,543.86円(引受手数料4.7%)

(5)申込期間:2017/12/5~12/8

(6)株式受渡期日:2017/12/13


2.上場日当日(12/13)の価格
(1)まとめ
初値:1,900円(9:33)(売出価格の17%アップ)
高値:1,945円(9:45)
安値:1,867円(11:13)
終値:1,906円
出来高:56,530,100株

(2)特別買い気配値の推移等(一部抜粋) 
https://www.nomura.co.jp/terms/japan/to/tokukaikehai.html

時間 気配値 売数量・買数量(千株)
9:28 @1,782 9,958・19,612
9:32 @1,863 13,238・16,705

[ 初値時点の画面上数値 ]
9:33 始値1,900 高値1,928 安値1,900
   出来高15,575千株


3.各種指標
当期純利益:330億円(18/3期予想)(a)
発行済株式数:320,197,200株(自己株式含む)(b)
純資産:3,229億円(17/9末)(c)

・ROE:10.2%(a÷c)
・EPS:103.1円(d=a÷b)
・PER:18.5倍(12/13終値1,906円÷d)


<感想>
 時価総額6,103億円(上場日終値ベース)は、今年上場した銘柄では最大だと言う。
 上場初日の出来高は、OA含めた売出株数約79百万株/国内約55百万株の72%/103%に相当。売出しに申し込んだ(国内)投資家のかなりの数量が初日に売買されたものと思われる。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-12-15 08:00 | 株式売出し | Comments(0)


【 コメダホールディングスの売出し 】

 2017/6/9、コメダホールディングス(3543)の売出しが発表された。
 
http://v4.eir-parts.net/DocumentTemp/20170612_083715446_svjn1yzbkpla4qvrsbeft1bi_0.pdf


[ 売出し概要 ]
 売出人:MBKP III Limited

1.IPO時点(2016/6)
(1)売出株数:26,700千株(発行済株式 43,800株の60.96%)+GSO* 3,350.7千株(同7.65%)* https://www.nomura.co.jp/terms/japan/ku/greenshoeoption.html
(2)売出価格:1,960円(仮条件:1,780~1,960円)
(3)当初決算短信の当期利益:4,467百万円 ⇒ EPS 102.0円、売出価格ベースのPER 19.2倍


2.今回(2017/6)
(1)売出株数:11,956千株(発行済株式 44,206株(IPO時点からの増加分 406千株はストックオプション行使に伴う新株発行)の 27.1%)+OA 1,793千株(同 4.1%)
(2)決算短信の当期利益:4,876百万円 ⇒ EPS 110.3円、上記1,960円ベースのPER 17.8倍


[ 東証1部上場企業の平均PER(2012年以降の月末、一部抜粋) ]
  出所:
http://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/misc/04.html (長期データ総合。当期利益は決算期末の3ヶ月毎更新)


 < PER(日経平均、TOPIX)>
 最低:2012/5末 14.8倍(8,542.73、719.49)
 最高:2013/4末 23.8倍(13,860.86、1,165.13)
 2016/6末:16.0倍(15,575.92、1,245.82)
 2017/5末:20.7倍(19,650.57、1,568.37)


<感想>
 ファンドは、IPO時の売出価格(1,960円)を意識した売出のタイミング(最安値2016/9/21:1,555円)を探っていたように思われる。

 なお、売出株式数が月間単純平均出来高(2017/3~5)517万株の2.6倍超(GSO全て行使時)であり、当面流動性的には価格下落圧力がかかりそうだ(6/12終値 1,878円、6/9終値1,974円比▲4.9%)。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-06-13 08:00 | 株式売出し | Comments(0)


三井住友銀行がSMFG株を売出し


三井住友フィナンシャルグループ(8316、SMFG)は、株式売出し(売出人:三井住友銀行)に関して、2017/3/3に決議※し、3/13にプライシング※※した。http://www.smfg.co.jp/news/j920013_01.html

<売出概要>
売出人:三井住友銀行
売出株数:37,235,500株(発行済株式数の2.6%。2012年のグループ再編で保有したもの)
オーバーアロットメンとによる売出し: 5,585,300株(売出株数×15%)
売出価格:4,231円(3/13終値4,362円(3/3終値4,453円から2%下落)の3%ディスカウント)
目的:資本の拡充(売出価格ベースで約1,624億円)
引受価額:4,056.52円(引受手数料4%)


<会社法153条第3項
子会社は、相当の期間にその有する親会社株式を処分しなければならない。


<感想>
会社法の「相当の期間」というのは、法律にしては大雑把な表現という印象。(今回は約5年)

グローバルベースの銀行は、今後、資本の拡充が要請されるため、今般の売出しは止むを得ないように思われる。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったことの
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001677393.html
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-03-16 08:00 | 株式売出し | Comments(0)