「喧嘩(すてごろ)」(黒川博行著、角川書店)より


以下は掲題書帯より。

 ミステリ史上最凶コンビが、史上最悪のピンチを迎える。累計110万部突破 直木賞受賞シリーズ最新作

 「売られた喧嘩は買う。わしの流儀や」  

 建設コンサルタントの二宮は、議員秘書からヤクザ絡みの依頼を請け負った。大阪府議会議員補欠選挙での票集めをめぐって麒林会と揉め、事務所に火炎瓶が投げ込まれたという。麒林会の背後に百人あまりの構成員を抱える組の存在が発覚し、仕事を(元コム)相手を見つけられない二宮はやむを得ず、組を破門されている桑原に協力を頼むことに。選挙戦の暗部に金の匂いを嗅ぎつけた桑原は大立ち回りを演じるが、組の後ろ盾を失った代償は大きく--。

 腐りきった議員秘書と極道が貪り食う巨大利権を狙い、代紋のない丸腰の桑原と二宮の「疫病神」コンビ再び。


  以下は本文より一部抜粋。

「桑原さんはどうなったんや」
「復縁するでしょ。若頭の襲名の功労者です」
 桑原は嶋田に、鳴友会との手打ち料をふくめて、一千万円を超える金を差し出したらしい、と木下はいう。
「なるほどな。それもあのひとの世渡りか」 
 桑原も金の撒きようを考えていたということだ。
「口では復縁なんかせんというてたけど、桑原さんは堅気では生きられんひとです」
「それはよう分かる。あのひとはどこまで行ってもヤクザや。けど、あれほどのイケイケやったら、組の看板なしでもやっていけんことはないと思うけどな」
「返しでしょ。鳴友会だけやない、桑原さんはいままで極道をボロにしてきた。返しが怖いと、大手を振ってキタやミナミを歩けませんわ」
 極道すなわち代紋。イケイケだけではシノギができない、と木下はいう。


<感想>
 頭と度胸を兼ね備えた桑原が戻ったら、当面は二蝶会も安泰であるに違いない。 次回以降の活躍にも期待したい。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら
http://www.mag2.com/
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-04-12 08:00 | 読書 | Comments(0)


「人生の終いじたく まさかの、延長戦!?」(中村メイコ著、青春出版社)


 以下は掲題書からの抜粋である。


  モノと思い出を捨てるのは、明日を生きるため

 モノを捨てたいのに捨てられなくて悩んでいる方は、自分自身にいいきかせるとよいでしょう--。昨日はふりかえらない、明日に向かって生きるんだ、と。カッコつけているみたいだけれど、私自身、この言葉によって、悲しいことや苦しいことを乗りこえてこられたし、つい最近は、モノもたくさん、たくさん捨てることができました。

 ところで、ふしぎなことに、捨てたくないな、どうしようかなと、さんざん迷ったモノでも、いったん捨ててしまったら、思い出すことはなかったのです。私の場合が特別なのではなくて、案外、そんなものなのかもしれません。

 人の心は当てにならない、不実なもの。大事に思っているつもりでも、それはただの思いこみにすぎなくて、捨ててなくなれば、そのあとはつゆほどの痛みも感じないですむのが人間なのかもしれません。人の心は案外、たくましいもののようです。


<感想>

 先月引越しした私に今必要なのは、メイコさんの「モノを捨てて、明日に向かって生きる」心意気である。


----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら
http://www.mag2.com/
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-03-22 08:00 | 読書 | Comments(0)


「人生にはやらなくていいことがある」
(柳美里著、ベスト新書)


 以下は掲題書からの抜粋である。


  あとがき

 ーーなんと、小島博人さんの企画書には本のタイトルまで書いてありました。
『人生にはやらなくていいことがある』

 あたしの「人生」を振り返った時、自分では「やらなくてはいけないこと」をやり続けてきた気がするけど、見方を変えたら、そうではないのかもしれない。人間は、意識的な行為よりも、無意識的な行為の方に引っ張られるものだからーー。

 小島さんがそう感じた、そうイメージしている「柳美里」に基づいて、自分の「人生」を構成し直すーー、それはわたしが自分で知らず識らずのうちにアレンジしている思い出の「輝き」や、思い出の「痛み」を、いったん無いことにして「人生」を見つめ直してみる、ということでもあります。

 「痛み」や「輝き」があまりにも大き過ぎると目が眩んで、その大元の出来事が見えなくたってしまうからーー。


<感想>

 本書は、担当編集者(小島博人さん)からの突然の依頼(by PC)をきっかけとして、半年に渡って著者が「人生」を語り、ライターが構成したものを著者が書き直したものだという。

 ひょんな縁で物事は動き始めるものだなぁと改めて思う。

 ここで、著者(48歳)は「人生」を見つめ直す機会を得たようだ。

 私(53歳)も(少し時間をかけて)「人生」を見つめ直してみようかと思う。


----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったことの
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-03-21 08:00 | 読書 | Comments(0)