丸井グループの「小売と金融が一体となったビジネス」


丸井グループ(8252)は、現在、小売主導からカード主導の成長に移行しているという。
ルーツは、創業時の家具の月賦販売にあるらしい。

このビジネスモデルが、変わることなく受け継がれ、進化してきたようだ。
(出所:http://www.0101maruigroup.co.jp/ir/pdf/i_report/2016/j/i-report2016_3.pdf


  <最適資本政策>

 バランスシートの左側 : カードの営業債権>小売の固定資産
 バランスシートの右側 : 小売主導の時代のままでアンバランス

青井社長は、バランスシートの右側を「事業構造の転換に合わせて最適化して」「事業戦略とあわせて最適資本政策をすすめることで、企業価値を確実に向上させることができ」ると言う。

 高コストの株主資本 ⇒ 圧縮
 低コストの負債   ⇒ 増加
  ↓↓
 WACC ⇒ 低下



  <自己株式取得>

2016/11/4には、上記政策に基づいた自己株式取得と自己株式消却が発表された。
(出所:http://www.0101maruigroup.co.jp/pdf/settlement/16_1104/16_1104_1.pdf

【自己株式取得の決定】
  株式総数 : 400万株(上限)
  取得総額 : 50億円(上限)
  取得期間 : 2016/11/7~17/1/31

【自己株式消却の決定】
  株式総数 : 4,500万株(発行済株式数の16.15%)

【中計】(最終年度:2020年度)
  ROE ≧ 10%
  ROIC ≧ 4%
  EPS ≧ 130円


最適資本政策が企業価値の向上に繋がってゆくのか、見続けてゆきたい


[PR]
by tsuruichi1024 | 2016-11-22 01:00 | 金融 | Comments(0)