「現代日本バカ図鑑」(適菜収著、文藝春秋)


 以下は掲題書からの一部抜粋(その2)

  おわりに

 作家の三島由紀夫は「バカという病気の厄介なところは、人間の知能と関係があるようでありながら、一概にそうともいいきれぬ点であります。いくら大学の金時計組でも、生まれついたバカはバカであって、これも死ななきゃ治らない」(『不道徳教育講座』)と言っています。

 でも、バカが死ぬまで待っていれば先に国が滅びるわけで、危険なバカが出てきたらペシャンと潰さなければならない。政治とは、そして社会を維持するとはそういうことだと思います。

 この二十年でわが国は完全に道を踏み外してしまった。
 民主党三年間の災禍を経て、近代大衆社会は安倍政権下において最終的な姿を見せようとしている。

 本書で紹介した「バカ」に共通するのは言葉の軽さです。
 衰退の兆候は、言葉の破壊として表れる。
 本来の意味が捻じ曲げられ、正反対の意味で使われるようになる。

 「保守」を名乗る連中が急進的改革を支持し、「国境や国籍にこだわる時代は終わった」と寝言をほざくグローバリストにナショナリストが喝采を送る。「戦後レジームからの脱却」を合言葉に対米従属路線を固定化し、「売国」を「開国」と呼び、「暴政」を「政治主導」と言い替える。

  戦争は平和なり
  自由は隷従なり
  無知は力なり

 これはジョージ・オーウェルの近未来小説『一九八四年』に繰り返し登場する独裁政党のスローガンです。全体主義を支えるのは、言葉の破壊と思考停止であり、そこで活躍するのがデマゴーグです。大阪では「都構想」なる巨大詐欺事件が発生し、大阪市が解体の危機に見舞われたが、その首謀者らは政権中枢とつながっていた。わが国ではすでに「無知が力」になっている。

 嫌になりますね。
 正気を保つことが今ほど大事な時代はありません。


<感想>
 正気を保って、「戦後レジームからの脱却」、「開国」や「政治主導」等の言葉に対峙し、真っ当な社会を維持していきたい。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-05-04 08:00 | 現代日本バカ図鑑 | Comments(0)


「現代日本バカ図鑑」(適菜収著、文藝春秋)


 以下は掲題書からの一部抜粋(その1)

  河野洋平 国会に強制連行せよ

 1991年に日本政府が調査を始めたころ、二百数十点に及ぶ公式文書に慰安婦の強制連行を示す資料はひとつも見つからなかった。にもかかわらず、宮澤喜一内閣の官房長官だった河野洋平は、慰安婦連行強制性があったおする「河野談話」を発表したのだった。バカにも限度がある。

 その後、談話作成にかかわった石原信雄元官房副長官の証言により、韓国政府が選んだ元慰安婦十六人からの聞き取り調書だけで「強制連行」を認めたことが明らかになった。
 産経新聞がこの調査報告書を入手したところ、発言の食い違いや不正確な記述が多く歴史資料としては利用できないものだったという。
 さらには、談話作成に韓国が直接関与していたことが判明。当時の政府関係者らの証言によると、日韓両政府は談話の内容や字句、表現について発表の直前まで綿密にすり合わせていた。聞き取り調査の結果は、在日韓国大使館に渡され、韓国側は約十ヶ所の修正を要求。また、日本政府の公式事実認定においても、韓国の修正要求を受け入れていた。事実関係にまで政治的介入を許していたわけで、これは歴史に対する犯罪でしょう。

 当時河野は「この問題は韓国側とすりあわせをするような性格のものではありません」と発言していたが大嘘だったわけだ。聞き取り調査が唯一の根拠の「河野談話」はすでに崩壊している。

 日本が歴史的事実を修正しようとしているなら当然激しく批判すべきだろう。しかし、事実の検証さえ拒むのなら、歴史を修正しているのはどちらなのか自ずと明らかになる。河野は黙っているけど、生きている間に国会に強制運行すべきだね。


<感想>
 自虐的な「河野談話」を取り消した上で、改めて韓国との関係を構築し直す必要があろう。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-05-03 08:00 | 現代日本バカ図鑑 | Comments(0)