憲法サバイバル──「憲法・戦争・天皇」をめぐる四つの対談(ちくま新書編集部編)


 以下は掲題書(第4章『本当の天皇の話をしよう』(森達達也×白井聡)からの一部抜粋。(その2)


『 国体は生き残ったのか?

白井 そもそも戦後に旧枢軸国が国際社会に復帰するにあたっては、世界に向けて「あの時のわれわれとは違った国になりました」という態度を表明しなければならなかった。たとえば、戦後のドイツが、「われわれの国家はナチス第三帝国の体制と基本的に変わらない」と表明するなんていうことはあり得なかった。もしそうであれば、戦後国際社会に復帰することはできない。

 日本も国際的にそういう約束をして復帰しているわけですから、明らかに国体は変わっているはずなんです。ところがその一方で、廃位も退位もなかったことに象徴されるように、国体の連続性というものも確かにある。続いているようで続いていない、続いていないようで続いている。

 このような国体の不明瞭性にたいして、戦後の議論はいろんなかたちで取り組んできました。基本的に、革新派は天皇制批判を行ない、保守派は天皇制擁護をやってきた。これらの議論による成果は多数あります。けれども、これらの議論のほとんどが見落としてきたきわめて重大な要素があるのではないか。それは「アメリカ」というファクターです。

 アメリカという項目があったことにより、国体はフルモデルチェンジしながら生き残ったといえます。簡潔に言えば天皇の上にワシントンが載っかっているようなかたちで、戦後の日本国の体制は形成されるに至った。これによって戦後の復興から高度経済成長を経て、経済大国化するわけですから、その体制はある面ではとてもうまくいったわけです。

 しかしながら冷戦崩壊以降、東西対立が終わってからはその体制では立ち行かなくなってきた。つまりそこかしこで、日本の国体はてっぺんにアメリカを頂いているということのリアリティーが染み出すようになってきたわけです。


  生前退位をどうみるか

白井 彼(安倍首相)は、できれば、戦後憲法を否定するのみならず、戦後民主主義体制そのものを否定するというところまで行きたい。安倍さんは第一次政権の時にすでに教育基本法の改正などをやってますから、部分的にはそれにかなり成功している。

 彼はその総仕上げとして憲法を変えたいと考えているわけですが、そうすると象徴天皇はどうなるのか。戦後民主主義と象徴天皇制がワンセットであるならば、戦後民主主義が危機に陥り破壊されるということは同時に、象徴天皇制が危機に陥り破壊されることを意味するはずです。たぶん今上天皇は、そのことを重く受け止めているのではないかと思うんです。

 
 今上天皇は「象徴天皇制はいいものだ。今後もこのシステムを滞りなく続けていくには、自分は年をとりすぎたのでやめなければならない」と言っている。ここには加齢という自然的な問題がありますが、それと同時に、戦後民主主義レジームが極めて深刻な状態にあるという危機感が見えました。おそらく天皇は退位することによって、象徴天皇制を再活性化させ、それによって間接的に戦後民主主義を救い出そうとしているのではないでしょうか。


<感想>
 冷戦終結後、アメリカ主導による国際秩序がほころびつつある中で、安倍政権の行く末(≒戦後民主主義体制の破壊)に危機感を抱いた陛下が退位をご決意されたと考えると妙にすっきりする。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-07-25 08:00 | 憲法 | Comments(0)


「よくわかる平成憲法講座」(西修著、TBSブリタニカ)

 以下は掲題書からの一部抜粋。

 「エピローグ

 護憲論者たちは本当の意味の平和を主張してきたのであろうか。私とまったく同じ疑問から出発し、ズバリと切り込んだ論調に、産経新聞、1994(平成6)年の5月3日付「主張」欄がある。その一節を引用しておきたい。

 「護憲派は果たして平和勢力であったのか。例えば『非武装中立』を唱える勢力がじつは、マルクス主義こそが恒久平和を約束するイデオロギーだとして、日本を社会主義陣営に引き入れようとしていたことが思い起こされる。彼らは自衛のための戦力さえ憲法違反だとして日本の武装解除を要求し、戦後の日本を守ってきた日米安保条約を廃棄させようとしたのだった。

 しかし、社会主義陣営は崩壊した。今、かたくなに社会主義独裁体制を守っているのが北朝鮮だが、大韓航空機事件やラングーン事件を引き起こしたことてろ国家が平和勢力であることは、もはや誰も認めない。

 逆に言えば、自由主義陣営の一員である日本の防衛力強化に反対し、旧ソ連、北朝鮮など社会主義国家に迎合してきたものこそ、じつは民主主義に対する戦争勢力ではなかったのか。護憲=平和、改憲=戦争という社会主義が押し付けた思考パターンは、冷戦が終わった今、逆転したのである」


<感想>
 今日、憲法や自衛隊の存在を学校ではどう教えているのだろうか。生徒一人ひとりが自ら考える教育がなされていることを望む。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-05-20 08:00 | 憲法 | Comments(0)


「よくわかる平成憲法講座」(西修著、TBSブリタニカ)


 以下は掲題書(1995年2月10日初版発行)からの一部抜粋。

  第3章 憲法第九条誕生のいきさつ

 本章は、『THIS IS 読売』1992(平成4)年3月号の再録である。

(1)もともと第九条の源流たるマッカーサー・ノートには、「自己の安全を保持するためにさえ」戦争を放棄することが明記されていた。

(2)しかし、その部分を憲法に入れると、日本は自衛戦争まで放棄することになり、独立国としてふさわしくないと判断され、総司令部の段階で削除された。

(3)第九条を審議した憲法制定議会の小委員会で、「前項の目的を達するため」という文言がつけ加えられ、自衛のためであれば、陸海空軍その他の戦力の保持が可能と読めるようになった。

(4)この修正に対して、極東委員会はするどく反応して、「内閣総理大臣その他の国務大臣は、シビリアンでなければならない」という条項を追加すべきことを要求してきた、などの変容過程に着目していただきたい。


【 日本国憲法 】
 第二章 戦争の放棄
 第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
 ○2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


<感想>
 問題(今回のケースでは自衛隊に関する憲法改正)の本質を考えるに当たっては、まずは、現状(今日の憲法の成立)に至った背景や根拠を(しつこいくらい)理解しておくのが肝要だと思われる。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-05-18 08:00 | 憲法 | Comments(0)


「よくわかる平成憲法講座」(西修著、TBSブリタニカ)


 以下は掲題書(1995年2月10日初版発行)からの一部抜粋。


  第2章 憲法第九条をめぐる解釈論議

◆自衛隊定着化のなかで

 以上、歴史的に学説の展開をみてきたが、まとめると、次のようになる。

(1)この憲法ができた当初、政府をはじめ、大勢は自衛戦力の保持も認められていないと考えていた。
(2)しかし、当初から、自衛戦力の保持は可能であるという解釈も存在していた。
(3)朝鮮戦争以降、政府は自衛抗争の遂行、自衛力の保持は可能であると解釈しはじめた。
(4)第九条を、政治的な宣言あるいは政治的な規範と考え、法的に細かく解釈する性質の条文でないという解釈、あるいは自衛隊の定着を前提に、憲法変遷あるいは違憲・合法論といった解釈も提示されている。

 実は、このほかにもいくつかの解釈があるが、複雑になるので省略する。このように、第九条をめぐってはさまざまな解釈が並存しており、混迷は深まるばかりである。このようなことから、自衛隊を認めるにせよ、認めないにせよ、はっきりした形で書き改めたらどうかという意見が両者の側から提起されるのも無理からぬことである。

<感想>
 最終段落は20年以上も前から何の進展もなかったかのようである。今般の安倍総理の第九条の自衛隊に関する憲法改正提起からは「自分が総理の間に自衛隊解釈に決着を付けておく」という強い思いを感じる。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-05-17 08:00 | 憲法 | Comments(0)


【 憲法審査会 】

 2017/5/11の虎ノ門ニュース及び同日のザ・ボイスそこまで言うか!の以下内容を聞いた上での取り纏め。

 虎ノ門ニュース:有本香・竹田恒泰・居島一平(https://freshlive.tv/toranomonnews
「民進に改憲案提出を要請 首相 憲法審の議論促す 参院予算委」

 ザ・ボイスそこまで言うか!:有本香・飯田浩司(http://www.1242.com/program/voice/
「衆議院の憲法審査会 きょうの開催見送り」


<衆議院憲法審査会>http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kenpou.nsf/html/kenpou/index.htm
 毎週木曜日にセットされているが4回続けて見送り

<参議院憲法審査会>http://www.kenpoushinsa.sangiin.go.jp/
 1度も開かれていない

【 参議院憲法審査会を通じた竹田恒泰氏の思い 】
 民進党の参議院の憲法審査会の幹事は小西洋之と白眞勲(在日朝鮮人で日本に帰化した元「朝鮮日報東京支社長」)で、9条と刺し違える形で、女性宮家を成立させようとしている、やり方が汚い民進党

【 憲法(改正)議論を通じた有本香氏の思い 】 
1.憲法を議論するのは国会議員の本懐のはずなのに、何故、前提条件を付けるのか?議論したくないのなら、さっさと議員バッジを外すべき
2.ナショナル・アイデンティティに関わる皇統を人質にするような下劣な考えの民進党の支持率が落ちるのは当たり前

<感想>
 両者の思いはもっともで民進党は自らの存在意義等を考え直した方が良さそうだ。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-05-16 08:00 | 憲法 | Comments(0)


「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか」

 以下は2017/5/6の掲題番組(http://www.1242.com/program/zoom/、「安倍総理が2020年の新憲法施行を目指すと表明」)で触れられた憲法学者へのアンケートと安倍首相の(憲法改正に関する)ビデオメッセージからの一部抜粋。


<朝日新聞による憲法学者へのアンケート(2015年)>(出所:
http://www.asahi.com/sp/topics/word/%E5%AE%89%E4%BF%9D%E6%B3%95%E6%A1%88%E5%AD%A6%E8%80%85%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88.html) 

 質問4 現在の自衛隊は憲法違反だと考えますか。 
1)憲法違反にあたる 50人
2)憲法違反の可能性がある 27人
3)憲法違反にあたらない可能性がある 13人
4)憲法違反にはあたらない 28人
5)無回答 4人
⇒1と2が全体の64.2%(77÷120)を占める

【憲法違反にあたる場合の選択肢】
・改憲 or 自衛隊廃止
 ⇒(近隣情勢から)自衛隊を廃止する訳には行かない
 ⇒改憲しか道がない
(という流れにしたくなかった)朝日新聞は新聞紙面では本件を触れなかった模様(
http://gohoo.org/15072301/


<安倍首相の(憲法改正に関する)ビデオメッセージ(一部抜粋)(出所:
http://www.sankei.com/smp/premium/news/170503/prm1705030019-s1.html

 もちろん、9条の平和主義の理念については、未来に向けてしっかりと、堅持していかなければなりません。そこで、「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」という考え方、これは国民的な議論に値するのだろうと思います。


<感想>
 これまで自衛隊を合憲としてきた政府見解からは本来「改憲不要」であろうから、安倍内閣は、今後、国民宛て論理的な説明をする必要があるだろう。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-05-09 08:00 | 憲法 | Comments(0)


「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか」

 以下は2017/5/6の掲題番組(http://www.1242.com/program/zoom/、「安倍総理が2020年の新憲法施行を目指すと表明」)を聞いた上での憲法施行までの道のりの概略をまとめてみた。


1)マッカーサー(GHQ)草案(*1)(天皇制反対メンバーが多い「極東委員会」本格稼働前の憲法発足を目指したもの):自衛を含めての戦力を認めない

2)芦田修正:9条2項(*2)の最初に「前項の目的を達するため」を追加して自衛のための戦力保持が可能に

3)極東委員会(中国)からの要請:66条2項(*3)にシビリアン条項(大臣は文民でなければならない)を追加

4)日本国憲法公布(1946/11/3)・施行(1947/5/3):
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S21/S21KE000.html


*1)マッカーサー(GHQ)草案(1946/2/26臨時閣議で配布、http://home.c07.itscom.net/sampei/macken/macken.html
第二章 戦争ノ廃棄
第八条
国民ノ一主権トシテノ戦争ハ之ヲ廃止ス他ノ国民トノ紛争解決ノ手段トシテノ武力ノ威嚇又ハ使用ハ永久ニ之ヲ廃棄ス
陸軍、海軍、空軍又ハ其ノ他ノ戦力ハ決シテ許諾セラルルコト無カルヘク又交戦状態ノ権利ハ決シテ国家ニ授与セラルルコト無カルヘシ

*2)第二章 戦争の放棄
第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
○2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
(芦田修正:
http://www5d.biglobe.ne.jp/~anpoken/sub4.htm

*3)第五章 内閣
第六十五条  行政権は、内閣に属する。
第六十六条  内閣は、法律の定めるところにより、その首長たる内閣総理大臣及びその他の国務大臣でこれを組織する。
○2  内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない。


<感想>
 2017/5/3の『憲法改正2020年「施行」目指す』とする安倍総理の発言(「自衛隊の存在を記述するということを議論してもらいたい」等、
https://www.j-cast.com/2017/05/03297160.html?p=all)を契機に、国民のひとりとして、改めて憲法のことを考えてみたいと思った。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-05-08 08:00 | 憲法 | Comments(0)