【 スシローと元気寿司の資本業務提携 】

 以下は、2017/9/30の日経新聞電子版記事*からの一部抜粋。
 *
https://www.nikkei.com/nkd/company/article/?DisplayType=1&n_cid=DSMMAA13&ng=DGXLZO21729380Z20C17A9LKA000&scode=3563&ba=1


『 神明、海外に成長託す 傘下の元気寿司、スシローと統合 日本食、アジア積極出店 コメ卸と相乗効果狙う

 コメ卸最大手の神明(神戸市)がすしなど日本食の海外展開に弾みをつける。29日、傘下の元気寿司と回転ずしチェーン最大手、あきんどスシローの経営統合について協議すると発表した。神明は水産や青果の企業を買収する一方、香港の外食大手と合弁会社を設けるなど海外販路を開拓してきた。財務などのリスクを抱えつつも、水産品などとの相乗効果を生かして成長市場に攻め込む。 』


 以下は、スシローグローバルホールディングス(3563)(「SGH」)のIR情報*からの概要。
 *
http://www.sushiroglobalholdings.com/financial/


[ SGH、神明及び元気寿司の資本業務提携に関するお知らせ ]
SGH:「うまいすしを、腹一杯。うまいすしで、心も一杯。」を使命として、国内では「スシロー」ブランドにて直営方式による回転すし店を中心に展開

神明:「私たちはお米を通じて、素晴らしい日本の水田、文化を守り、おいしさと幸せを創造して、人々の明るい食生活に貢献します。」の企業理念のもと、基幹事業である米穀卸売事業、パックご飯や炊飯米等の加工米飯事業、国内外での外食事業に加え、近時では青果物や水産品を含めた「川上から川下までの食のバリューチェーン」構築に向け積極的に展開

元気寿司(神明の連結子会社):「回転寿司を超える寿司レストランの創造」を基本方針に掲げ、「元気寿司」、「魚べい」等のブランドにて、回転レーンをなくし、タッチパネルと三段の高速レーンを設置したオールオーダー型店舗「回転しない寿司」を展開


[ 資本業務提携の背景 ]
低価格回転寿司業態は他の国内外食産業と比較して高い成長性を見込むことのできる業界であるものの、
1.依然として消費者の節約志向は根強く、また、
2.少子高齢化による労働力減少や人件費の高騰、業種・業態の垣根を越えた顧客獲得競争の激化など、経営環境は厳しさを増している


1.長期的には成熟が見込まれる国内市場では強固な事業基盤・調達力・店舗網を構築し、量・質ともに圧倒的な規模の企業へと成長すること
2.有望なホワイトスペースが広がる海外市場では競合他社に先行した展開を行うこと
が、事業価値の最大化を図ることができる戦略であるとの認識にもとづき、協議を進めてきた

⇒SGHと神明の子会社である元気寿司の間の経営統合に関する協議を開始することを目的とした本資本業務提携を行うことに合意


[ SGH:資本金の額の減少に関するお知らせ ]
目的:今後の資本政策の機動性及び柔軟性を図ること
資本金の推移:現状1億円⇒CEIのWT行使後1,814,900,571円⇒資本金減少後1億円


[ CEIの大量保有報告書より ]
年月日 株券等の種類  数量   割合  市場 取得/処分 単価
2017/2/1 新株予約権 1,019,655 3.58% 市場外 取得 1,606.98円
2017/3/30 普通株式 18,923,900 66.45% 市場外 処分 *3,434.72円


[ SGHの沿革(概要) ]
2008/9
ユニゾン・キャピタル・グループに属する投資ファンドにより設立されたエーエスホールディングス株式会社は、2008年9月に旧株式会社あきんどスシローのマネジメント・バイ・アウト(MBO)を発表

2012/9
ペルミラ・ファンド*に異動するにあたり、ペルミラ・ファンドにより設立されたCEILジャパン株式会社は、201/9/2に前株式会社あきんどスシローの全株を取得し、同社を子会社化
*親会社であるCEIの株式の過半を間接的に保有

2015/3
株式会社あきんどスシローは単独株式移転により、株式会社あきんどスシローホールディングスを設立し、持株会社体制に移行(2015/10に商号をSGHに変更)

2017/2
SGHはIPO(売出価格*3,600円)し、CEIは所有株式の一部を売出し(15,331千株×3,434.72円(*の▲4.6%)=約527億円)

2017/10
第1取引:神明は、CEIから売出しにより当社普通株式5,400,000株を取得(@4,000円/株)(総額216億円)

第2取引:CEIが保有する当社普通株式2,539,459株及びCEIがその保有する当社の新株予約権を行使することにより取得する当社普通株式1,553,576株の合計4,093,035株を、CEIから取得(@4,000円/株の場合⇒約164億円)

⇒神明の議決権比率は19.67%(第1取引)⇒32.72%(第2取引)


<感想>
 今回の資本業務提携は、SGH株主(CEI)のIPO(2017/3)に続く出口戦略であるが、(1)縮小する国内市場での効率的展開と、(2)拡大する海外市場での積極的展開の両面を追求しようとする企業戦略でもある。今後もこの種の動きは加速して行くものと思われる。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-10-02 08:00 | M&A | Comments(0)


【 みなと銀行、関西アーバン銀行及び近畿大阪銀行の経営統合 】


 2017/9/26、掲題に関するプレスリリース*が発表された。
*http://www.resona-gr.co.jp/holdings/news/hd_c/download_c/files/20170926_1a.pdf

 以下は、その概要。


<概要>

1.関西未来FG(中間持株会社)の設立
(1)りそなHD:約 587 億円を出資(議決権数の16.8%程度)
(2)りそな銀行:274 億円を貸付

2.りそなHDによるTOB/優先株式買取
(1)みなと銀行へのTOB:総議決権数の 15%を上限に2,233 円/株(買付価格)
⇒関西未来FGの議決権数の 3.9%程度

(2)関西アーバン銀行へのTOB:総議決権数の15%を上限に1,503 円/株(買付価格)
⇒関西未来FGの総議決権数の 4.7%程度

(3)三井住友銀行が保有する優先株式の買取:740 億円
⇒関西未来FGの総議決権数の 25.6%程度

3.経営統合完了時の関西未来FGへの出資比率
(1)りそなHD:51%程度
(2)三井住友銀行:22.3%~26.3%程度
(3)一般株主:22.7%~26.7%程度
⇒近畿大阪銀行・みなと銀行・関西アーバン銀行:関西未来FGの100%子会社へ


<感想>
 縮小均衡が進む日本国内においては、今後、益々この種の経営統合が増えるに違いない。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-09-28 08:00 | M&A | Comments(0)


【 米国Vios社の買収、第三者割当による自己株式処分に関するお知らせ 】


 2017/9/22、村田製作所(6981)が以下内容のプレスリリース*を発表した。
*
http://www.murata.com/~/media/webrenewal/about/newsroom/news/irnews/irnews/2017/0922/20170922_j.ashx?la=ja-jp


[ M&Aの概要 ](当社=村田製作所)
1.買収の対価
 ⇒Vios社**の株主(34名。除、当社)、ストック・オプション保有者(27名)宛て、約1.02億米ドル(約114億円、@112.50円/米ドル)
**2012年12月設立の米国のヘルスケアIT分野のベンチャー企業
(1)当社普通株式(自己株式507,104株を充当):約7,573万米ドル(約85億円)
(2)現金:約2,588万米ドル(約29億円)

2.買収の方法
(1)買収SPC子会社に対して自己株式処分
(2)当該子会社が同社を合併消滅会社、Vios社を合併存続会社とする逆三角合併(Reverse Triangle Merger。被買収企業の許認可等の継続利用が可能)を実施
(3)当該合併に際して、Vios社株主等は当社普通株式又は現金を受領(上記1)

3.ステップ
(1)買収SPCの設立・資金拠出(増資引き受けによる資金拠出)
(2)自己株式の処分(⇒買収SPCがVios社との合併の対価となる当社普通株式を取得。507,104株×@16,800(9/21終値))
(3)買収SPC・Vios社の合併
(4)Vios社株式の米国子会社への現物出資による移転(⇒米国子会社(Murata Electronics North America, Inc.)の100%子会社へ)

4.株主等の税務上メリット
(1)Vios社の株主:当社普通株式又は現金で受領
(2)同ストック・オプション保有者:現金で受領


【 感想 】
 今後も、(1)買収側企業のメリットのみならず、(2)被買収企業側の株主等に対する税務メリットを考慮したストラクチャー(株式+現金による逆三角合併等)のM&Aが増えるものと思われる。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-09-26 08:00 | M&A | Comments(0)


<地域金融機関の統合>

 2017/2/28
、三重銀行と第三銀行が、持ち株会社設立による経営統合に向け協議・検討を進めていくことについて基本合意することを決議した。

http://www.miebank.co.jp/news/pdf/20170228.pdf

 2017/3/3、りそなホールディングス、三井住友フィナンシャルグループ、みなと銀行、関西アーバン銀行及び近畿大阪銀行は、本日開催したそれぞれの取締役会において、みなと銀行、関西アーバン銀行及び近畿大阪銀行の3社の経営統合に向け協議・検討を進めて行くことについて合意した。

http://www.resona-gr.co.jp/holdings/news/hd_c/20170303_1a.html


<感想>

 少子高齢化が進展する環境下での三重県及び関西圏の地域金融機関としての生き残りを掛けた統合であろう。


地域金融機関同士の統合による新たなビジネスモデルの構築を目指す動きが今後益々加速して行くに違いない。



----------------------------------------------------------------------

元証券マンが「あれっ」と思ったことの

『まぐまぐ!』へのご登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001677393.html

発行者HP http://tsuru1.blog.fc2.com/

----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-03-06 08:00 | M&A | Comments(0)


アインホールディングスのM&A


「調剤薬局産業は今、M&Aの時代を迎えています。「m」*(management)を最善することによってキャッシュフロー総出力が高まったということは、M&Aの時代を積極的に攻められる地力が高まっているということでもあります。時価総額もコンサルタントの導入以降、2倍を超える水準に達しています。
 この事例もピジョンと同様、「b」*(business)や「p」*(people)が変わったわけではなく、「m」が洗練されたことで企業価値と競争力の向上が見られた事例だと思います。 」
(出所:「投資される経営 売買される経営」(みさき投資株式会社 中神康議著、日本経済新聞出版社))*追記


あれっ、M&Aってそんなに有効なの?

2009/4期末と2017/4期第1Q末の数値を比較では、時価総額が何と13倍超! 
「managementの洗練⇒M&A⇒キャッシュフロー総出」の重要性が理解できる。

<アインHD(9627)>(単位:百万円)
       2009/4期末 17/4期#1Q末
売上    115,387    *265,000 2.3倍
営業利益   5,296     *16,300 3.1倍
当期利益   2,128      *9,000 4.2倍
ROE     13.0%     16.9% 
株主資本   16,428       53,340
総資産額   62,033     139,150
株主資本比率 26.5%     38.3%
株価    1,481円   **7,840円
時価総額 1,901億円  **2,500億円13.2倍
店舗数    375店     894店 2.4倍
従業員数   2,741人   ***5,511人 2.0倍
*2017/4期予想、**2016/11/18終値、***2016/4期末
(株式分割:2014/10 分1→2)

2017年4月期1Q IR資料の医薬事業成長推移(P21)もご参照ください。
http://www.ainj.co.jp/ir/news/ir_2017_1q_3.pdf

[PR]
by tsuruichi1024 | 2016-11-23 08:00 | M&A | Comments(0)