【 AI時代の人の価値 】

 2017/6/16の日経朝刊の表題「AIの衝撃 揺れる棋界(上)アルファ碁 人知超えた 世界で研究加速」の記事の最後に、将棋の羽生善治王座(王位・棋聖、46)のコメントが記されていた。

 「人間の勝負よりAIの対局が面白いとなれば、棋士の存在価値はなくなる。人間同士のほうが面白い、魅力的だという価値がつくれるかどうかが今後、問われる」

<感想>

 AIが主流となる時代が到来すれば、羽生王座の話は、単に将棋界に留まる話ではないだろう。面白い、魅力的だという価値を創造できる人になれるよう、今から精進しておく必要がありそうだ。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------



[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-06-18 08:00 | AI | Comments(0)