<大統領の2017年通商政策>



 2017/3/1、米通商代表部(USTR)が「2017 Trade Policy Agenda and 2016 Annual Report of the President of the United States on the Trade Agreements Program(※)」を米議会に提出した。

https://ustr.gov/sites/default/files/files/reports/2017/AnnualReport/AnnualReport2017.pdf


<2016年との比較>


 昨年のオバマ政権時代※※のトーンとは全然違うように思われる。

※※https://ustr.gov/about-us/policy-offices/press-office/reports-and-publications/2016/2016-trade-policy-agenda-and-2015-Annual-Report


<感想>


 例えば、※P3の半ばにある次の表現に、トランプの通商問題に対する真剣度合いをひしひしと感じる。


 In other words, even if a WTO dispute settlement panel – or the WTO Appellate Body – rules against the United States, such a ruling does not automatically lead to a change in U.S. law or practice. Consistency with these important protections and applicable U.S. law, the Trump Administration will aggressively defend American sovereignty over matters of trade policy.


(「WTO<アメリカ通商政策」という)「アメリカ・ファースト」の真骨頂と言えるが、アメリカのみに(一方的に)都合の良くなるような新ルールの策定により、世界的な景気後退に陥らないことを心より祈念している。



----------------------------------------------------------------------

元証券マンが「あれっ」と思ったことの

『まぐまぐ!』へのご登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001677393.html

発行者HP http://tsuru1.blog.fc2.com/

----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-03-07 08:00 | トランプ | Comments(0)


トランプ大統領の議会演説


  2017/2/28、トランプ大統領が議会演説を実施した。

  この中で、注目される部分を一部抜粋してみる。


出所:http://www.bbc.com/news/world-us-canada-39124596



Since my election, Ford, Fiat-Chrysler, General Motors, Sprint, Softbank, Lockheed, Intel, Walmart, and many others, have announced that they will invest billions of dollars in the United States and will create tens of thousands of new American jobs.


>>米国内における投資と雇用創出: 具体的社名8社の内の2社は、孫社長のソフトバンク(唯一の外国企業)と子会社スプリント(米国内における投資と雇用創出の観点)



We have withdrawn the United States from the job-killing Trans-Pacific Partnership.


>>改めて、TPPからの離脱を表明



As promised, I directed the Department of Defense to develop a plan to demolish and destroy ISIS -- a network of lawless savages that have slaughtered Muslims and Christians, and men, women, and children of all faiths and beliefs. 


>>改めて、IS撲滅を指示



We've lost more than one-fourth of our manufacturing jobs since NAFTA was approved, and we've lost 60,000 factories since China joined the World Trade Organization in 2001.


>>NAFTA中国には触れるが、日本には触れず



My economic team is developing historic tax reform that will reduce the tax rate on our companies so they can compete and thrive anywhere and with anyone. At the same time, we will provide massive tax relief for the middle class.


>>法人税/中間層に対する歴史的/巨額の減税



To launch our national rebuilding, I will be asking the Congress to approve legislation that produces a $1 trillion investment in the infrastructure of the United States -- financed through both public and private capital -- creating millions of new jobs.


>>1兆ドルのインフラ投資により数百万人の雇用創出



We expect our partners, whether in NATO, in the Middle East, or the Pacific -- to take a direct and meaningful role in both strategic and military operations, and pay their fair share of the cost.


>>同盟国に公平な費用負担を要求(日本の米軍駐留経費負担が背景?)



<感想>


  日米首脳会談後の良い流れを引き継いで、日本がインフラ投資(1兆ドル)における関与を高めることを心より祈念している



----------------------------------------------------------------------

元証券マンが「あれっ」と思ったことの
『まぐまぐ!』へのご登録はこちらhttp://www.mag2.com/m/0001677393.html
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-03-04 08:00 | トランプ | Comments(0)


日本の米国国内経済への寄与

  2017/2/15、平成29年第2回経済財政諮問会議が開催され、説明資料2として内閣府から「米国等の国際経済について」http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2017/0215/shiryo_02.pdf
が提出された。

  この中の数値から、日本の米国国内経済への寄与度を確認してみる。


<日本から米国への直接投資残高>
・2015年は4,110億ドル(着実に増加)で、英国に次いで2位
・業種別には、「卸売業」(29.6%、自動車、電機等の販売部門)、「金融・保険」(20.5%、銀行、証券等の米国法人)、「輸送機器」(10.8%、自動車工場)等の割合が多い

<米国における日系企業による雇用者>
・83.9万人で、英国に次いで2位(2014年)
・2007年の雇用者数を100とした指数は123で1位(2014年、2位はカナダの114)

<製造業分野での日系企業による雇用者>
・2014年38.3万人で1位(2位はドイツの31.4万人)
・過去5年間(2009〜14年)の雇用者増加数は9.1万人で1位(2位はカナダの8.0万人)

<日系企業の研究開発費>
・2011年以降2位で79億ドル(2014年、1位はスイスの106億ドル)


<まとめ>
・これらは、日米首脳会談に合わせて、トランプ政権の日本批判への反論のために、内閣府が作成したものであろう
・数値的には1位〜2位が多く、会談後は批判が減ったように感じられ、トランプ政権側に日本の米国における貢献についての理解が得られたものと思われる


----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったことの
『まぐまぐ!』へのご登録はこちらhttp://www.mag2.com/m/0001677393.html
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-02-23 08:00 | トランプ | Comments(0)


トランプの中東政策

 2017/2/16のBBCの記事(”Trump relaxes US policy on Middle East two-state solution”)から、トランプの中東政策とこれまでの米国の2国構想(”Two-state solution”)を確認してみる。



Reconsidering the two-state solution

"So I'm looking at two states and one state," said Mr Trump. "And I like the one that both parties like. I'm very happy with the one that both parties like.
「2つの国家と1つの国家を検討していて、僕は双方が好きな方が好きだ。双方が好きな方を、僕は大いに歓迎する」とトランプ氏は発言。

"I can live with either one. I thought for a while that two states looked like it may be the easier of the two.
「僕はどちらでも構わない。しばらくは、2つの案で2国家の方が簡単かもしれないと思っていた」

"To be honest, if Bibi [Mr Netanyahu] and the Palestinians, if Israel and the Palestinians are happy - I'm happy with the one they like the best."
「正直言って、ビビ(ネタニヤフ首相の愛称)とパレスチナの人たちが、もしイスラエルとパレスチナがそれでいいと言うなら、僕はみんなが一番いいと言う方でいい」と大統領は述べ、「2国家共存構想」にはこだわらない姿勢を示した。

What is the two-state solution?
A "two-state solution" to the decades-old conflict between Israelis and Palestinians is the declared goal of their leaders and the international community.
It is the shorthand for a final settlement that would see the creation of an independent state of Palestine within pre-1967 ceasefire lines in the West Bank, Gaza Strip and East Jerusalem, living peacefully alongside Israel.
The UN, the Arab League, the European Union, Russia and, until now, the US routinely restate their commitment to the concept.

2国構想とは
 イスラエルとパレスチナの間の数十年にわたる対立の解決策として、双方と国際社会がかねてから目標として来たのが「Two-state solution」(2国構想、2国共存解決案など)だ。
 ①1967年の第3次中東戦争(いわゆる「6日間戦争」)でイスラエルがガザ地区、東エルサレムを含むヨルダン川西岸を軍事占領する以前の停戦合意状態に戻し、②同地域内に独立パレスチナ国家を樹立し、③パレスチナ国家がイスラエル国家と平和的に共存する状態を目指す。
 国連、アラブ連盟、欧州連合(EU)、ロシア、そして今までは米国も、この構想を一貫して支持してきた。

>>これまでの米国の「Two-state solution」を見直して、イスラエル寄りのスタンスに見えるトランプ。中東発の世界的な混乱に繋がらないことを心より祈念している。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったことの
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-02-21 08:00 | トランプ | Comments(0)


日米首脳会談(2)経済分野

 2017/2/11、外務省ホームページに日米首脳会談の内容が公表された。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/na/na1/us/page1_000297.html
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000227766.pdf


<共同声明>

 経済については、日米両国が、自由で公正な貿易のルールに基づいて、両国間及び地域における経済関係を強化することに引き続きコミットしていくことを確認したほか、双方の利益となる個別分野での協力を積極的に推進していくことでも一致した。これらの課題に取り組んでいく観点から、両首脳は、麻生副総理とペンス副大統領の下で経済対話を立ち上げることを確認した。


 日米経済

 両首脳は、幅広い分野を含む日米の経済関係を更に高め、協力をしていくことにより、双方にとって利益のある関係を構築してくことができるのかについて、率直かつ建設的な議論を行った。

 安倍総理からは、日本企業による米国における投資や雇用の実績など、日米経済関係の現状についての考えも説明し、両首脳は、日米経済関係の重要性について認識を共有した。また、両首脳は、今後、日米経済関係を更に大きく飛躍させ、日米両国、アジア太平洋地域、ひいては世界の力強い経済成長をリードしていくために対話と協力を更に深めていくことで一致し、麻生副総理とペンス副大統領の下で経済対話を立ち上げることを決定した。



<感想>

 日米首脳会談後のトランプの発言からは、会談前の貿易不均衡や円安誘導等の批判は消えたように見える。

 ゴルフを含めた両首脳の会談により、トランプが「日米経済関係に懸念事項なし」という考えに変化したことを祈念する。


---------------------------------------------------------------------- 
元証券マンが「あれっ」と思ったことの 
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら 
http://www.mag2.com/m/0001677393.html 
発行者HP http://tsuru1.blog.fc2.com/ 
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-02-16 08:00 | トランプ | Comments(0)


日米首脳会談(1):政治・安全保障分野

 2017/2/11、外務省ホームページに日米首脳会談の内容が公表された。

<共同声明>(以下、太字は筆者)

 政治・安全保障分野に関しては、両首脳は、アジア太平洋地域の安全保障環境が厳しさを増す中で、同地域における平和、繁栄及び自由の礎である日米同盟の取組を一層強化する強い決意を確認した。特に今回、(1)拡大抑止へのコミットメントへの具体的な言及や、(2)日米安全保障条約第5条の尖閣諸島への適用、そして(3)普天間飛行場の辺野古移設が唯一の解決策であることを文書で確認した。


「日米安全保障条約第5条」とは何か?


日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

第五条
 各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従つて共通の危険に対処するように行動することを宣言する。
 前記の武力攻撃及びその結果として執つたすべての措置は、国際連合憲章第五十一条の規定に従つて直ちに国際連合安全保障理事会に報告しなければならない。その措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全を回復し及び維持するために必要な措置を執つたときは、終止しなければならない。

日米安全保障条約(主要規定の解説)

第5条
 第5条は、米国の対日防衛義務を定めており、安保条約の中核的な規定である。
 この条文は、日米両国が、「日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃」に対し、「共通の危険に対処するよう行動する」としており、我が国の施政の下にある領域内にある米軍に対する攻撃を含め、我が国の施政の下にある領域に対する武力攻撃が発生した場合には、両国が共同して日本防衛に当たる旨規定している。
 第5条後段の国連安全保障理事会との関係を定めた規定は、国連憲章上、加盟国による自衛権の行使は、同理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの暫定的な性格のものであり、自衛権の行使に当たって加盟国がとった措置は、直ちに同理事会に報告しなければならないこと(憲章第51条)を念頭に置いたものである。 

国際連合憲章

第51条
 この憲章のいかなる規定も、国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間、個別的又は集団的自衛の固有の権利を害するものではない。この自衛権の行使に当って加盟国がとった措置は、直ちに安全保障理事会に報告しなければならない。また、この措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持または回復のために必要と認める行動をいつでもとるこの憲章に基く権能及び責任に対しては、いかなる影響も及ぼすものではない。


<まとめ>

 日米安保第5条は、正に、尖閣諸島のためにあるように思えてきた。

 今般の日米防衛相会談・首脳会談で、対中政策として、第5条の尖閣諸島への適用が再確認されたことを(既定路線とは言え)改めて対外的に正式に発表した意義は大きかったと言えよう。


---------------------------------------------------------------------- 
元証券マンが「あれっ」と思ったことの 
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら 
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-02-15 08:00 | 安倍政権 | Comments(0)


トランプの7ヶ国・3ヶ月の入国制限


In a statement on 29 January, President Trump said his policy was "similar" to an Obama order that "banned visa for refugees from Iraq".


 今般のトランプの7ヶ国に対する3ヶ月の入国制限は、過去のオバマ大統領の政策の組合せ(イラクに対する6ヶ月の入国制限+7ヶ国に渡航した人のESTAによるビザ免除の非適用※)だった模様。

※<8 U.S. Code § 1187 - Visa waiver program for certain visitors>
(12)Not present in Iraq, Syria, or any other country or area of concern


 大マスコミは、当時はそんなに騒がなかったようだが、今回大々的に批判するのは何故か。


 大マスコミの選挙期間中の反トランプの方針転換ーー振り上げた拳を下ろすことーーはとても難しいということではないだろうか。


---------------------------------------------------------------------- 
元証券マンが「あれっ」と思ったことの 
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら 
---------------------------------------------------------------------- 


[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-02-14 08:00 | トランプ | Comments(0)


米国の産業・貿易等


 内閣府の資料(http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2017/0125/shiryo_03.pdf、P4)から、米国雇用者の産業別構成比と貿易赤字国を確認してみる。


米国雇用者の産業別構成比

 製造業は1割弱(8.8%)まで低下(2015年:1,231万人)。サービス産業の割合は7割まで上昇。


米国の貿易赤字(相手国別)

 米国の貿易赤字の大きさは、中国(3,672億ドル)、ドイツ(748億ドル)、日本(689億ドル)、メキシコ(607億ドル)の順。


<感想>

 トランプの主張する、(製造業における)保護主義的アメリカ・ファースト。

 例えばNAFTA(1994年発効、2008年関税撤廃)においては、労働力の安いメキシコに製造拠点が移るのは自明で、製造業の雇用者比率が8.8%にまで低下するのは、ある意味当然と言える。

 今日の構造的変化は、米国における長年の施策に基づいて創出されているはずであろう。

 トランプの逆サイドへの急激な動きが、(世界的な)経済的混乱や景気後退に繋がらないことを心から祈念している。


---------------------------------------------------------------------- 
元証券マンが「あれっ」と思ったことの 
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら 
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-02-12 08:00 | トランプ | Comments(0)


日本政府のトランプ大統領誕生後の米国の見方


  2017/1/25に、平成29年第1回財政諮問会議が開催され、議事要旨(http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2017/0125/gijiyoushi.pdf)が公開された。

  この内、世耕経産大臣の発言が、今の安倍政権の考え方を示しているものと思われる。以下はその一部抜粋。


『   (世耕議員) まず、米国との関係について申し上げる。

   トランプ大統領御本人や政権の関係者の発言を見ていると、通商投資ルールにせよ、税制にせよ、個々の政策にとどまらず、自由主義経済の盟主たるアメリカの立場自体の変革まで言及しているものがある、ということが現状だと思っている。

   政府としては、第一に、新政権は予見性が非常に低く、リスクがあるので、今の日本企業のせっかくの前向きな動きに水を差すことがないように、経済運営に当たってのリスクへの対応シナリオの検討を行っていかなければならない。

   第二に、経済同盟国たる立ち位置の再認識と再確立だと思っている。日本はこれまで同盟国として、アメリカ経済に最大限貢献する形で、何度かの通商摩擦を乗り越えてきた歴史がある。これまでの努力の周知と、それを踏まえたルール作りを働きかける必要がある。

   第三は、日米協調型の成長戦略を打ち立てていくことだと思っている。高速鉄道やロボット、サイバーセキュリティ、質の高いインフラなど、日米が協力して成長する、アジア市場を攻めるという形を作っていくような検討を進めていきたい。

   それから、今後の検討課題について、やはり世界的に産業構造全体のゲームチェンジが起こりつつあるので、現状にとらわれることなく、日本の強みを活かした投資を戦略的に行っていくことが不可欠である。

   そういう中で、今、アジェンダに挙げられている財政健全化への取組の審議に当たっては、先ほども申し上げたように、低金利下での緊縮財政にならないよう配慮しながら、将来の成長力強化を強く意識して、経済再生と財政健全化を一体的に議論することが重要である。  』


<まとめ>

1.新政権は予見性が非常に低く、リスクがある

2.経済同盟国たる立ち位置の再確立

3.日米協調型の成長戦略の確立 
   ⇒ GPIFを活用した米国インフラ(ファンド)への投資(2月2日付日経新聞1面記事)はこの一環か


---------------------------------------------------------------------- 
元証券マンが「あれっ」と思ったことの 
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら 
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-02-07 08:00 | トランプ | Comments(0)


<トランプ新大統領就任演説> 


<その6>


『 A new national pride will stir our souls, lift our sights, and heal our divisions.

国民としての新しい誇りが私たちの魂でうごめき、展望を引き上げ、分断を癒してくれるでしょう。

It is time to remember that old wisdom our soldiers will never forget: that whether we are black or brown or white, we all bleed the same red blood of patriots, we all enjoy the same glorious freedoms, and we all salute the same great American Flag. 

この国の兵士たちが決して忘れない古い格言を思い出すべき時です。黒だろうが茶色だろうが白だろうが、私たちは全員が、赤い愛国者の血を流すのだと。全員が同じ素晴らしい自由を享受し、全員が同じ偉大なるアメリカ国旗に敬礼するのだと。

And whether a child is born in the urban sprawl of Detroit or the windswept plains of Nebraska, they look up at the same night sky, they fill their heart with the same dreams, and they are infused with the breath of life by the same almighty Creator.

そして大都市デトロイトの裾野(すその)で生まれようが、風吹きすさぶネブラスカの平原で生まれようが、同じ夜空を見上げた子供は、同じ夢で心を満たし、同じ偉大なる創造主によって生命を吹き込まれるのです。

So to all Americans, in every city near and far, small and large, from mountain to mountain, and from ocean to ocean, hear these words:

なのですべてのアメリカ人は、この言葉を聞いて下さい。あらゆる都市にいる人、遠い近いを問わず、大小を問わず、山から山へ、海から海へ、聞いて下さい。

You will never be ignored again. 

あなたは二度と無視されたりしません。

Your voice, your hopes, and your dreams, will define our American destiny. 

あなたの声、あなたの希望、あなたの夢は、私たちアメリカの運命を決定するものです。

And your courage and goodness and love will forever guide us along the way.

そしてあなたの勇気と善と愛が、永遠に私たちを導いてくれます。

Together, we will make America strong again.

一緒に、アメリカをまた強くします。

We will make America wealthy again.

アメリカをまた豊かにします。

We will make America proud again.

アメリカをまた誇り高くします。

We will make America safe again.

アメリカをまた安全にします。

And, yes, together, we will make America great again. 

そしてそうです。一緒に、私たちはアメリカをまた偉大にするのです。

Thank you, God bless you, and God bless America. Thank you. God bless America.

ありがとう。神様の祝福を。神様がアメリカを祝福しますように。ありがとう。神様がアメリカを祝福しますように。

(英語記事 Trump inauguration: Full text of new president's speech) 』



トランプ革命で復活するアメリカ 日本はどう対応すべきか」(藤井厳喜著、勉誠出版)より


『 序章

 2016年11月8日の米大統領選挙は、ドナルド・トランプの勝利に終わった。アメリカの大マスコミはことごとくヒラリー・クリントンの勝利を予測していたが、現実はこの予測を完全に裏切った。これはアメリカのミドルクラスが起こした静かな革命である。アメリカの大マスコミは、露骨な情報操作をして、クリントンの当選を実現しようとしたが、その謀略は水泡に帰した。今後、アメリカではトランプの主導する政治革命が起こるばかりでなく、メディアの大改革も起きることだろう。

 トランプは単に規制政治のアウトサイダーであるばかりでなく、アメリカ政治を根本から構造改革する政策を打ち出している。既存の共和党も変わるだろうし、民主党も変わらざるを得ない。まさにトランプ革命というに値する。それはレーガン革命以上の保守革命である。

 最も単純化して言えば、トランプが代表していたのが国家を再建しようというナショナリズムであり、ヒラリーが代表していたのが国家を破壊しようとしているグローバリズムであった。

 又、トランプとクリントンの戦いは、宗教戦争でもあった。正確に言うならば、キリスト教社会アメリカを擁護しようとするトランプと、無神論を拡大しようとするクリントンの戦いでもあった。この事に注目している者は少ないが、これが今回の選挙戦の非常に深いレベルにおける対立軸を構成していた。 』



>>ヒラリー・クリントンとの戦いは、正に、正反対の考え方が直接ぶつかり合い、選挙戦においてはアメリカの大マスコミは、反トランプで露骨な情報操作をやっていたようだ。もし、反トランプの情報操作がなかっから、逆に、トランプの勝利はなかったかもしれないと考えると、何とも皮肉な結果だなぁと思われる。


---------------------------------------------------------------------- 
元証券マンが「あれっ」と思ったこと 
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら 

[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-02-06 08:00 | トランプ | Comments(0)