人気ブログランキング |

【 日米首脳会談:対中国の共同声明 】


 2021/4/19、高橋洋一氏が、現代ビジネスに『日米首脳共同声明で追い詰められた中国が、どうしても潰したい「ある議論」』を掲載された。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/82373?imp=0
 以下は一部抜粋。

中国にとって最もイヤな声明
4月16日の日米首脳共同声明において、以下のような文言が盛り込まれた。

日米両国は共に、尖閣諸島に対する日本の施政を損おうとするいかなる一方的な行動にも反対する。
日米両国は、東シナ海におけるあらゆる一方的な現状変更の試みに反対する。
日米両国は、南シナ海における、中国の不法な海洋権益に関する主張及び活動への反対を改めて表明するとともに、国際法により律せられ、国連海洋法条約に合致した形で航行及び上空飛行の自由が保証される、自由で開かれた南シナ海における強固な共通の利益を再確認した。
日米両国は、台湾海峡の平和と安定の重要性を強調するとともに、両岸問題の平和的解決を促す。
日米両国は、香港及び新疆ウイグル自治区における人権状況への深刻な懸念を共有する。

いずれにしても、これまでの日米首脳会談と比べても、中国には最もイヤなものだろう。なにしろ、中国が核心的利益として国家戦略に取り込んでいた新疆ウイグル自治区、南シナ海、香港、台湾、尖閣のいずれについても、日米は批判したからだ。

やがて行き詰まる中国
これらから予想される近未来は、中国は民主化を否定しているので、近い将来に経済で行き詰まる。そのとき、これまでの歴史では対外進出であり、残された場所は台湾と尖閣しかない。
それに備える覚悟を示したのが、今回の歴史的と言える日米首脳共同声明だ。

(参考)日米首脳会談共同声明(外務省のWebsite)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/na/na1/us/page1_000948.html

<感想>
 コロナ後の経済復活の見通しを背景に、世界的に株式市場が堅調ではあるが、最大の懸念材料は、高橋さんも指摘する、中国の対外進出(台湾と尖閣)であろうか。
 中国が暴発するのか、自制するのか、その方向性を注視してゆく必要がある。
----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

# by tsuruichi1024 | 2021-04-20 08:00 | 日米同盟 | Comments(0)

【 日独外務・防衛閣僚会合:日独安全保障協力 】

 2021/4/13、日独外務・防衛閣僚会合(「2+2」)が実施された。
https://www.mod.go.jp/j/approach/exchange/area/2021/20210413_deu-j.html
 以下は上記防衛省のWebsiteからの一部抜粋。

1.総論
 四大臣は、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて、両国で緊密に連携していくことを確認

2.日独安全保障協力
 ドイツ側から、ドイツ政府のインド太平洋ガイドラインの策定や、ドイツ海軍フリゲートのインド太平洋地域への派遣について説明があり、日本側は、ドイツのインド太平洋地域への関与の強化を歓迎

3.地域情勢及び国際場裏での協力
対中国:日本側から海警法を含む最近の中国の動向について深刻な懸念を表明し、また、香港情勢、新疆ウイグル自治区の人権状況について、深刻な懸念を共有
対北朝鮮:北朝鮮によるミサイル発射は国際社会全体にとって深刻な課題であること、北朝鮮の全ての大量破壊兵器及び弾道ミサイルの完全な、検証可能な、かつ不可逆的な廃棄に向け、安保理決議の完全な履行が不可欠であることを改めて確認
対ロシア・イラン:意見交換を行い、緊密に連携していくことを確認

<感想>
 2月16日の日英首脳電話会談に続く、欧州の主要国である日独2+2。
 「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた、日米豪印+α連合による強固な中国包囲網の構築が急がれる。
----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

# by tsuruichi1024 | 2021-04-17 08:00 | 国際情勢 | Comments(0)

【 松山英樹:祝!マスターズ優勝 】


 2021/4/12(米国は4/11)、通勤途上の地下鉄のスマホのTVで見続けた、松山英樹が優勝したマスターズ。

 以下は、『松山英樹「マスターズ」制覇 最終日ドキュメント』からの一部抜粋。
https://www.google.com/amp/s/news.golfdigest.co.jp/news/pga/article/136448/1/%3Fformat%3Damphtml


■ 15番パー5・ボギー 12アンダー単独首位(午後6時22分)

1Wショットはカットボールでフェアウェイセンター、左の木が気にならないやや右寄りを確実にキープ。2オンを狙った2打目がグリーン奥、16番(パー3)の池に入る。ドロップ後の4打目はウェッジでグリーンエッジに。パターで寄せて1パットのボギー。バンカーからの3打目をピンそば50cmに寄せたシャウフェレに2打差に迫られた。ザラトリスとは再び3打差に。


■ 16番パー3・ボギー 11アンダー単独首位(午後6時36分)

オナーのシャウフェレの第1打はグリーン左手前の池。松山は右サイドに打ち出し「ドロー」と声を出すも、ピンに寄る傾斜にボールを落とせず15mのパットを残す。半円を描くような大きなフックラインは2mオーバー。3パットボギーにしたが、相手のトリプルボギーで2打差をキープ。2位は9アンダーでホールアウトしたザラトリスになった。


 一方、以下は、『シャウフェレ、16番で痛恨「プレッシャーをかけるつもりだった」/マスターズ』からの一部抜粋。
https://sanspo.com/golf/amp/20210412/pga21041212020011-a.html

「ホールインするつもりで打った」

「完璧だと思ったが、わずかに左だった」

「プレッシャーをかけるつもりだったのに、勝ちを献上してしまった」


<感想>
 15番また連続4バーディーのシャウフェレが、松山に2打差に迫った後の16番でまさかのトリプルボギー。
 松山の素晴らしき戦いぶりには感動したが、シャウフェレの16番に臨んだ際の考え・心の動きに興味を持った。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


# by tsuruichi1024 | 2021-04-13 08:30 | 戦略 | Comments(0)


【 上場ラッシュ:売却タイミング 】


 2021/4/7に上場した2銘柄(表示灯、ファブリカコミュニケーションズ)。

 久しぶりに当選した両銘柄の上場日と翌日の価格推移を追ってみた。


   公募価格 公募株数・売出株数(OA含む)
表示灯 2,000円 650千株・753千株  (a)
ファブ 6,000円 100千株・488.2千株 (b)


   始値 高値 安値 終値 出来高
2021/4/7
表示灯 2,672 3,175 2,590 3,175 9,159,700(a×6.5)
ファブ 6,900 7,250 6,410 6,410 2,480,800(b×4.2)

2021/4/8
表示灯 3,170 3,250 2,911 2,999 3,698,500
ファブ 6,810 7,410 6,650 6,700 2,913,500


<感想>
 仕事で手が離せなかったこともあり、上場初日の前場は見送り、後場の14:45過ぎに売却した。
 上場ラッシュの供給過多からか、想定以下の売却益で終了した。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


# by tsuruichi1024 | 2021-04-09 08:00 | IPO | Comments(0)

【 日米首脳会談:求められる日本の覚悟 】


 2021/4/5、高橋洋一氏が、現代ビジネスに『初の日米首脳会談は「日本の外交の勝利」だが、「まったく油断できない」ワケ』を掲載された。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/81911?imp=0

 以下は一部抜粋。


対中国戦略があるのは間違いない

米インド太平洋軍司令官に指名されたジョン・アキリーノ太平洋艦隊司令官(海軍大将)も、23日上院軍事委員会の公聴会で、中国による台湾への軍事侵攻について「予想より近い」と話している。

こうした一連の最後の締めが、25日のバイデン大統領の記者会見だ。バイデン政権は、対中関係を、民主主義対専制主義と話したのは大きい。バイデン大統領自らに対する親中とのレッテル張りを否定している。

この対中包囲網において、日本は地理的にも中国に近いので、バイデン政権にとってはもっとも重要な「同盟国」になる。これは、安全保障でも経済の二つの観点からもいえる。


日本政府の覚悟が問われる

まず、安全保障において、中国による「台湾侵攻」が絵空事でなくなっているので、バイデン政権は万が一の場合での日本の役割を確認したいはずだ。特に、沖縄の在日米軍基地は台湾に近いので、かつてのベトナム戦争のときと比べても軍事的な重要性はかなり増している。

当然のことながら、「台湾有事」という場合には、日本は対岸の火事ではなく、当事者にもなりうるのは避けられない。こうした点において、日本政府の覚悟をバイデン政権から確認されるのではないだろうか。


<感想>
 中国による「台湾侵攻」があった際の対応が、水面下で総理と防衛省中心に米国側としっかり打ち合わせされていることを祈念している。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


# by tsuruichi1024 | 2021-04-06 08:00 | 高橋洋一 | Comments(0)