あれっ、TOBを活用した事業運営の大改革?


【 黒田電気のTOB 】


 2017/12/16、黒田電気(7517)のTOBが成立した。


1.TOBの結果
https://www.kuroda-electric.co.jp/asset/32575/view

(1)買付予定数の下限
 発行済株式:39,446,162株(a)
 自己株式数: 1,811,331株(b)
 自己株TOB:*9,256,500株(c)
 a-b-c=28,378,331株(d)
 下限:18,918,900株(e=d×2/3)

 *旧村上ファンド系の野村綾氏(一部)・(株)オフィスサポート・(株)レノの合算


(2)応募株式数
 25,709,019株>e


2.TOBに至った意思決定の過程・理由

(1)事業環境の変化
・電子部品専門商社業界:専門商社モデルのコモディティー化が進行
⇒ 与信・在庫・物流の基本機能の提供のみでは不十分であるという流れが加速

(2)スピード感
・スピード感をもってM&Aや資本業務提携等の実行、人材や設備への戦略的投資を積極的に行うことが必要

(3)戦略的投資
・抜本的な諸施策遂行には、人材や設備への戦略的投資を積極的に行うことが必要

(4)組織構造変革
・個々の事業の最適な成長戦略の遂行には、現在の商社事業を担う当社を頂点とする組織から、商社事業と開発・製造事業が並列的に位置付けられる経営管理体制への移行も必要

⇒ 上場を維持したままでは大規模な事業運営の変革を短期的に行うことは難しいとの判断に至る

⇒ MBKパートナーズグループ*からの非公開化の提案に賛同

 *日中韓3カ国でのプライベート・エクイティ投資に特化した独立系プライベート・エクイティ・ファーム


3.(株)レノの大量保有変更報告書より

(1)共同保有者(旧村上ファンド系)
・(株)レノ、野村綾・中島章智・(株)オフィスサポート・(株)青山不動産

(2)保有目的
・純投資

(3)保有株式数/保有割合/簿価
・15,009,100株/38.05%/324.0億円(@2,159/株)

(4)TOB売却総額/売却差益
 a)自己株TOB:248.8億円/46.1億円
 b)TOB:156.5億円/35.3億円
   合 計:405.3億円/81.3億円


<感想>
 本件は、そもそも旧村上ファンド系の大株主が38%超株式保有する中で、MBKのTOBに大株主・会社双方が賛同したもの。
 会社は、専門商社モデルのコモディティー化という事業環境の変化に対して、非公開化による、大規模な事業運営の変革を選択した。
 今後もこのようなTOBの活用(⇒TOBをテコとした大胆な改革)が増えて行くものと思われる。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-12-19 08:00 | TOB | Comments(0)