あれっ、新設分割による子会社IPO?


【 新設分割による子会社上場 】


 2017/12/25、ABホテル(6565)(東祥(8920)の連結子会社)がJASDAQと名証2部に上場した。
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120171221439960.pdf


1.IPO概要

・IPO価格:1,500円(a)

(1)公募増資
・株数:260千株(b)
・OA:108千株(c)(貸株人:親会社・東祥(8920))(GSO:第三者割合増資)

(2)売出し
・売出人:東祥
・株数:460千株(d)

< 合計 >
・828千株(e=b+c+d)

(3)増資勘案後の東祥グループ所有比率
・発行済株式数:7,088千株
・東祥G所有:6,260千株(88.3%)

(4)上場形式要件(一部)
・株式等の分布状況:上場株式数の10%
(JASDAQ・名証2部とも)


2.12/25(上場初日)~12/28の株価推移

(1)12/25
・初値:3,060円(13:23)(a×2.04)
・安値:3,035円(13:25)
・高値:3,760円(13:44)
⇒ 制限値幅の上限(ストップ高水準)のまま取引終了
・出来高:1,774,900株(f)
⇒ IPO株式の回転率:2.1倍(f÷e)

(2)12/26
・ストップ高:4,460円(9:27)(a×3.0)
・出来高:206,900株(ストップ高比例配分)
https://www.nomura.co.jp/terms/japan/su/stop.html

(3)12/27
・ストップ高:5,160円(15:00)(a×3.4)
・出来高:17,600株(同上)

(4)12/28
・始値:5,660円( 9:12)
・安値:5,040円(12:36)
・高値:6,060円(10:33)
・終値:5,740円(a×3.8)
・出来高:3,023,200株(g)
⇒ IPO株式の回転率:3.7倍(g÷e)

(5)各種指標
< 前提 >
・18/3期当期純利益(予想):681百万円
・純資産:4,055百万円(17/9末3,547+増資分508)

< 各種指標 >
・EPS:96円
・PER:1,500円で16倍/5,740円で60倍
・ROE:16.8%
・時価総額:407億円(@5,740)


3.沿革・グループ戦略

(1)沿革
 2014/10:東祥から新設会社分割。資本金1億円
 2017/11:ABホテル17店舗を展開中


(2)グループ戦略
http://www.to-sho.net/news/file/20171120154819_1.pdf

a)上場の目的

・目標:年間5店舗以上の新規ホテルを開発

⇒ 上場企業として多様な資金調達手段・取引先からの信用を得ることが可能
⇒ グループの企業価値向上に資すると判断

b)株式保有方針

・連結子会社として50%超の株式保有割合を維持


(3)東祥の時価総額等
< 前提 >
・12/28終値:@3,640
・18/3期当期純利益(予想):4,000百万円
・17/9末純資産:25,298百万円

< 各種指標 >
・EPS:104円
・PER:35倍
・ROE:15.8%
・時価総額:1,394億円(除、自己株式)
(ABホテル株式の東祥G所有時価総額:359億円)


<感想>
 本件は、親子上場における子会社IPOの事例。上場日初値を付けた後の13:44以降、翌々日までストップ高が続いた。

 上場により、(1)会社:当面借入(レバレッジ)を活用してアセットを増やせる、(2)レンダー:株式時価総額をベースとした(担保)評価がし易くなる等、両者にとってメリットがある。

 将来、業界が成熟化した際に、少数株主の存在により、思い切った(損失を伴う)戦略が打てなくなることもあり得ようが、それはかなり先の話という整理で問題ないように思われる。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-12-30 08:00 | IPO | Comments(0)