あれっ、結果的に一族の株式保有比率が減少?


【 大塚家具:一族の株式保有比率 】


 親子対立に伴い、一族の株式保有比率がどれほど減少する結果となったのか。個人的に確認可能な範囲で、大量保有変更報告書を追ってみた。


1.大量保有変更報告書(保有比率)
                (千株)
(1)大塚勝久+千代子=計
2008/3/27   4,800+370=5,170(26.7%)
2008/3/28  △1,300(市場外,@1,183)(a)
15/8/11-12/25△1,637
16/2/17- 3/23 △200
16/3/27- 5/30 △654
16/8/ 3 -8/12 △350
2016/8/12時点 600+306=906(4.7%)

(2)ききょう企画(社長:久美子(当初))
2008/3/27   592(3.05%)
2008/3/28 +1,300(市場外,@1,183)(a)
2016/5/12 △ 600(市場外,@1,232)(b)
同時点    1,292(6.7%)

(3)レオス・キャピタルワークス(ひふみ投信)
2016/5/12  + 600(市場外,@1,232)(3.1%)(b)
2016/5/31   984(平均@1,224)
2016/6/17  1,183(同@1,213)
2017/3/ 3  1,607(同@1,165)(8.3%)


2.まとめ(保有比率の変化)

(1)大塚勝久(匠会長)夫妻:26.7%⇒4.7%
(2)ききょう企画(久美子社長系):3.1%⇒6.7%
(3)レオス・キャピタルワークス:0%⇒8.3%


<感想>
 親子対立により、保有比率の変化は、(1)父母:△22%(16/8時点)、(2)ききょう企画(久美子社長系資産管理会社):+4%弱(16/5時点)、(3)レオス・キャピタルワークス(ひふみ投信):+8%強(17/3時点)。

 一族の保有比率は△18%強。結果的に、父(匠会長)が言っていた通り、資本と経営の分離が進み、株式保有を通じた経営の安定化が損なわれたことは否めまい。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------




第2回プラチナブロガーコンテスト






第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-01-14 08:00 | 事業承継 | Comments(0)