あれっ、大和証券グループが不動産AM事業を強化?


【 大和証券グループ本社の不動産アセットマネジメント事業 】


 2018/1/15、大和証券グループ本社(8601)が、「不動産アセットマネジメント事業の新たな取組み」を発表した。
http://www.daiwa-grp.jp/data/attach/2345_05_20180115a.pdf



1.サムティ・レジデンシャル投資法人(SRR)の第三者割当増資の引受
http://www.samty.co.jp/news/auto_20180115450846/pdfFile.pdf

・大和証券G本社:161,700投資口割当
 ⇒ 出資比率35.4%へ


2.サムティアセットマネジメント(SAM)への資本参加

・大和証券G本社:1,386株取得(サムティ(3244)から譲渡)
 ⇒ 出資比率33.0%へ


3.大和証券Gのこれまでの取組と狙い

(1)これまでの取組

< 大和リアル・エステート・アセット・マネジメント >
・平成21年:子会社化
 ⇒ 不動産アセットマネジメント(AM)事業に参入

・現在、上場 REIT の「大和証券オフィス投資法人」・「日本ヘルスケア投資法人」、非上場 REIT の「大和証券レジデンシャル・プライベート投資法人」を運用

< ミカサ・アセット・マネジメント >
・平成27年:子会社化
・現在、上場REIT「日本賃貸住宅投資法人」を運用


[ 運用資産額 ]
・上記1の4投資法人合計の運用資産額:約 8,580 億円


(2)狙い
・中計(Passion for the Best 2017)において「資産運用力の強化」を掲げ、不動産AM事業の拡大を積極的に推進中

 ⇒ 上記(1・2)の取組みを通じてSRR及び SAMの投資主価値及び企業価値向上に貢献し、 また、これを推進していくことで、大和証券Gの不動産AM事業の更なる発展に繋がるものと確信している


<感想>
 本件は、大和証券G本社による、(中計に掲げる)不動産AM事業を含めた「資産運用力の強化」の方針に沿った資本業務提携。

 今後益々、経済自体が複雑化する中、本業(証券業)単体のみではなく、周辺業務(不動産AM)等を含めた総合力が問われる時代(証券会社のみならず)になって行くものと思われる。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------




第2回プラチナブロガーコンテスト






第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-01-18 08:00 | 大和証券グループ本社 | Comments(0)