あれっ、報酬ではなく、各者の投資判断に基づいたストックオプション?


【 払込代金1円/株の有償ストックオプション 】


 2018/1/22、スターマイカ(3230)が、報酬としてではない、各者の投資判断に基づいて引き受けが行われるストックオプション(新株予約権(WT ))の開示をした。
https://www.starmica.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/01/180122-01.pdf


1.WT発行概要

(1)WT数:9,000個(100株/WT1個。90万株)
⇒全WT行使時の増加株式総数:90万株(発行済株式総数の4.7%)

(2)WT発行価額:100円/個(1円/株。1/29終値@1,781の0.06%)
⇒公正価格にて有償で発行(有利発行ではないため株主総会特別決議の承認不要)

(3)行使価額:1,781円/株(1/29終値)

(4)行使期間:2023/3/1~26/2/8

(5)行使の条件:

(a)18/11期~22/11期の連結営業利益の合計額が230億円を超過した場合、全てのWTを行使可能
(17/11期の連結営業利益:35.75億円。18/11期(予):36.69億円)

(b)WT行使時においても、当社・関係会社の役社員等であること(定年退職等、取締役会が認めた場合はOK)

(6)譲渡制限:WT譲渡は取締役会決議による承認が必要

(7)割当者:取締役 3名 7,400個、従業員15名 1,600個


2.会社の考え

(1)行使の条件(上記1(5)(a))は、過去の業績水準から相当程度高い水準となっており、その目標が達成されることは、 当社の企業価値・株主価値の向上に資するものと認識

(2)株式の希薄化(4.7%)への影響は合理的なものであると考えている


<感想>
 本件は、今後5年間の累計連結営業利益が230億円(単純平均46億円(17/11期対比+10億円超))超となった時に行使が可能となるWT発行事例。

 かなりストレッチした数値⇒WT価値抑制⇒100円/WT1個(1円/1株)という少額の払込でストックオプションを取得可能。

 100個のWT(WT行使で1万株取得)がたった1万円(100個×100円)であれば、取得しない選択肢はないだろう。
(仮に、5年後に株価が千円上昇していれば、グロスで1千万円(千円×1万株)の儲け)

 有償WTであれば、税制適格(無償)WTにおける行使金額の制限(WT行使価額/年≦1,200万円)もないため、今後、このような枠組のストックオプションが増えるかもしれない。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------




第2回プラチナブロガーコンテスト






第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-01-25 08:00 | ストックオプション | Comments(0)