あれっ、サイバーエージェントがユーロ円CBをローンチ?


【 サイバーエージェント:ユーロ円CB400億円発行 】


 2018/2/1、サイバーエージェント(4751)がユーロ円CBをローンチした。
http://pdf.cyberagent.co.jp/C4751/UV5D/sQwm/wvfY.pdf


1.ユーロ円CBの概要
http://pdf.cyberagent.co.jp/C4751/UV5D/nKaG/n7Y6.pdf

(1)2023年満期
・発行金額:200億円
・社債の払込金額:CB額面金額の101.5%
・募集価額:CB額面金額の104.0%
・転換価格:6,460円(2/1終値4,750円の36%アップ)

(2)2025年満期
・発行金額:200億円
・社債の払込金額:CB額面金額の101.5%
・募集価額:CB額面金額の104.0%
・転換価格:6,270円(同32%アップ)

⇒ 手取はオーバー・パーの101.5%(投資家の発行時負担:104%(含、引受手数料2.5%))

⇒ 潜在株式数:6,286千株(a)、発行済株式数:126,427千株(b)、潜在株式比率:5.0%(c=a÷b)


【 CB発行の背景 】
・当社グループの更なる成長を目指すため、「AbemaTV」周辺事業への参入とその強化や、既存事業 のリソース・ノウハウを活かせる事業など新たな事業領域への参入とその強化を通じた収益の多角化を重要視

・そのための手法の一つとして、今後、M&A 等を含めた投融資を強化していく所存


【 資金使途 】
・外部環境の変化等によりM&A等が実施されない場合又は投融資資金に未充当額が生じた場合には、 2020/9末までを目処に、「AbemaTV」のコンテンツ強化による集客力の向上、「AbemaTV」の送客力を活かした収益の多角化及び既存3事業の更なる成長・拡大をM&Aによらず自力で行っていくための投資資金並びにメディア事業、インターネット広告事業及びゲーム事業における事業規模の拡大に伴う運転資金に充当


【 CB発行の狙い 】
・CBは、ゼロ・クーポンで発行するため社債金利の支払負担がなく、かつ社債額面を上回る払込金額での発行であることから、資金調達コストを低減することが可能

・時価を上回る水準に転換価額を設定することで、発行後の1株当たり当期純利益(EPS)の希薄化を抑制する効果が期待できる

・年限の異なるCBを発行することで、希薄化の発生する タイミングを分散することができる

⇒ 既存株主に配慮した、当社にとって最適な資金調達方法であると考えている


2.中長期の経営戦略
https://www.cyberagent.co.jp/ir/strategy/mediumterm/

【 中長期の営業利益イメージ 】

ブログへの投資 ⇒ スマートフォン事業への投資 ⇒ 動画事業への投資


<感想>
 本件は、サイバーエージェントのユーロ円CBの発行。
 今後、中長期的な主戦場を動画事業と捉える、同社の「AbemaTV」周辺事業への参入のための、M&Aに備えたユーロ円CB400億円の発行。翌2月2日の終値4,605円は、希薄化の可能性が嫌気されて前日比△145円(△3.1%)だったが、希薄化率(5.0%)対比では小さかった。
 これから、前向きな投資として、どのようなM&Aを仕掛けて行くのか、注視して行きたい。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------




第2回プラチナブロガーコンテスト






第2回プラチナブロガーコンテスト






第2回プラチナブロガーコンテスト






第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-02-03 08:00 | CB | Comments(0)