あれっ、富士フイルムがゼロックスを子会社化?


【 富士フイルムHD:ゼロックスコーポレーションを子会社化 】


 2018/1/31、富士フイルムHD(4901。「富士フイルム」)が、ゼロックスコーポレーション(「ゼロックス」)株式の50.1%取得を開示した。
http://www.fujifilmholdings.com/ja/investors/pdf/other/ff_irnews_20180131_002j.pdf


1.取引の概要

[ 現状 ]
富士ゼロックス(出資比率):富士フイルム75%+ゼロックス25%

< 富士ゼロックス >
富士フイルムから自己株式取得:6,710億円(←借入)
(富士フイルム:単体ベースで約5,000億円の株式売却利益を計上。連結決算では消去)

< ゼロックス >
1)既存株主へ特別配当:2,500百万米ドル
2)富士フイルムへ第三者割当増資(50.1%):6,100百万米ドル
3)富士ゼロックスへ拠出:6,100百万米ドル(→借入返済)

⇒ 富士ゼロックス:ゼロックスと経営統合


[ 取引後 ] 
ゼロックス(出資比率):富士フイルム50.1%+他株主49.9%

⇒ ゼロックス:富士フイルムの子会社へ。社名も富士ゼロックス(「新富士ゼロックス」)へ。NYSEの上場を維持


2.新富士ゼロックスのガバナンス

(1)取締役会  
・12名:富士フイルム指名7名+現ゼロックス取締役から5名
・会長(Chairman of the Board):古森富士フイルム会長が兼務
・独立取締役で構成されるコンフリクト・コミッティー※を設置
※グループ会社間取引を事前に評価・承認する委員会

(2)経営執行
・富士ゼロックス・ゼロックス両社の強みを最大化できる組織体制を構築
・新富士ゼロックスの強みを最大化し得る最適な人材を登用
・CEOには現ゼロックスCEOであるJeff Jacobsonが就任


3.経営統合前後

< 統合前 >
[ 事業展開エリア ]
・富士ゼロックス:日本・アジアパシフィック
・ゼロックス:欧米中心

< 統合後 >(当社:富士フイルム)

[ ワールドワイドで一貫した経営戦略を実現 ]

・全世界統一のマーケティング戦略に基づき、オフィス市場において、競争力のある製品・サービスを提供

・R&D、生産、調達、物流などすべてのバリューチェーンを最適化することで、新製品のタイムリーな市場投入とコスト競争力の向上を実現

・当社が得意とする画像処理技術と新富士ゼロックスが持つドキュメント関連のAI技術の融合により業界や顧客毎に異なる業務プロセスを自動化し、生産性の更なる向上を実現するソリューション・サービスを提供

・当社が保有する写真、インクジェット、フォトリソグラフィ*、オプティカル等の先進技術と新富士ゼロックスが持つドキュメント分野の技術の融合という競合他社にはない組み合わせにより、革新的な製品開発を実現し、市場領域を拡大

*半導体の製造工程などで用いられる、写真現像技術を応用して微細なパターンを作成する技術


4.株価終値推移
 1/30 4,570円
 1/31 4,190円(WSJが経営統合を報じたとの報道を受けて安値引け)
 2/ 1 4,698円
 2/ 2 4,641円


<感想>
 古森会長がゼロックスCEOと極秘裏に交渉を開始したのは1年半前だという。
https://www.nikkei.com/nkd/company/article/?DisplayType=1&ng=DGXMZO26444280R00C18A2TJ2000&scode=4901&ba=1
 富士ゼロックスがニュージーランドなどで、不適切な会計処理が発覚したのが17年6月。以後、古森会長が富士ゼロックスの会長も兼務したことも今回の統合の一助となった。
 グローバルベースで統一した経営を実施することで、成熟産業の事務機業界においても成功を収められるのか。株価も行って来いの展開で評価が難しいことの裏返しと思われる。統合後の進展を注視して行きたい。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------








第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-02-04 08:00 | M&A | Comments(0)