あれっ、一部コミットメント型ライツ・オファリング?


【 フージャースHD:一部コミットメント型ライツ・オファリング 】


 2018/1/24、フージャースHD(3284)の一部コミットメント型ライツ・オファリングにより発行される新株予約権(WT)の上場日が2/1に決定された。
http://pdf.irpocket.com/C3284/UV5D/iop1/Lmzx.pdf


1.スケジュール
(1) 上場日:2018/2/1
(2) 売買最終日:3/8
(3) 上場廃止日:3/9
(4) WT証券コード:3284-9


2.18/1/19:一部コミットメント型ライツ・オファリングに関するお知らせ
http://pdf.irpocket.com/C3284/u3wX/qycc/CB8D.pdf

(1) 付与割合:1/31時点の株主に対し、普通株1株につきWT1個を割り当てる(1株/1WT行使)

(2) 発行WT総数:27,798,675個

(3) WT行使価格:500円。但し、3/19の終値が555円を下回る場合には、翌日以降、当該終値×90%に修正

(4) WT権利行使期間
・一般投資家:2/1~3/15
・ドイツ証券:3/20~3/22

(5) コミットメント契約:ドイツ証券(引受会社)が全WTの20%を上限として引き受け&WT行使をコミット

(6) 取得条項:当社は、2018/3/19に、1円 or 0円/WT1個で残存WT全てを取得する

・3/16のVWAP ≧ 500円 ⇒ WT1個を1円で取得
・同 < 500円 ⇒ 同0円で取得


< 株価 ≧ 555円 のケース >
・ドイツ証券:(時価-500円)× 行使対象株数(*上限)の収益を獲得可能
(平均時価が700円の例:上限11.1億円)
*上限:27,798,675株 × 20% = 5,559,735株


3.WT価格/株価推移

  始値 高値 安値 終値 出来高

< WT価格推移 >
2/1 277 278 245 263 1,382,900
2/2 255 258 249 251 921,200
2/5 243 245 216 231 748,200

< 株価推移 >
2/1 782 784 746 770 1,072,600
2/2 761 764 752 753 553,400
2/5 742 744 730 738 701,100

⇒ 「株価 ≒ WT価格+ WT行使代金500円」


4.株主の主な選択肢

(1) WTを市場売却
(2) WTを行使して株式を市場売却
(3) 何もしない ⇒ 会社が取得(1円 or 0円/ WT1個)

⇒ 借株して、
「株価>WT価格+500円」の時点で、
「株式売却+ WT市場取得(& WT行使)」のオペレーションが出来れば、
「株価-(WT価格+500円)」の利益確定(諸コストは勘案せず)

⇒ (3)の選択はあり得ない


<感想>
 本件は、通常のライツ・オファリングと*コミットメント契約付WT(上限:全体の20%)を組み合わせたもの。(*ご参照:「ファシリティ契約付WT」
https://ameblo.jp/tsuruichi1024/entry-12345772765.html)

 株価が555円未満に下落した場合にはWT行使価格が時価の90%に修正されるが、商品設計としては、株価水準に関係なく、時価の90%に修正すべきだったように思われる。(ドイツ証券は、コミットメント相当分行使後株式を555円/株以上で売却した場合、10%超の利益を得ることが可能 ⇒ 発行会社・株主双方にとって不利益となるため)

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-02-06 08:00 | ライツ・イシュー | Comments(0)