あれっ、強固な財務体質・経営基盤確保のための公募増資?


【 和田興産:公募増資 】


 2018/2/5、和田興産(8931)が公募増資の条件を決定した。
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/89310/0c23ba38/6ffd/4cc6/b1e4/b2ca6b014962/140120180205464247.pdf


1.公募による新株式発行(一般募集)
(1)募集株式数 1,100千株
(2)発行価格(募集価格) 992円/株(2/5終値@1,023、ディスカウント率3.03%)
(3)払込金額 930.62円/株(引受手数料率6.00%)
※引受人は払込金額で買取引受けを行い、発行価格(募集価格)で募集を行う(差額:引受手数料)


2.株式の売出し(OAによる売出し)
(1)売出株式数 165千株(募集株式数×15%)
(2)売出価格 992円/株


3.第三者割当による新株式発行
(1)上限株式※ 165千株
(2)払込金額 930.62円/株
※第三者割当による新株式発行=165千株-安定操作取引(2/6~2/7)-シンジケートカバー取引(2/8~2/20)


⇒ 資金使途:分譲用マンション用地のための借入返済・分譲用マンション建設等の資金

⇒ 希薄化株式数:1,100千株(除、上記3)
  発行済株式数:10,000千株
  希薄化率:11%(1,100÷10,000)
  10,000 ÷ 11,000 = 90.9% (a)


4.18/1/26:ローンチ時プレスリリース
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/89310/43827935/7f31/44fa/8089/ce98b0ec2c5f/140120180126456739.pdf

< 目的 >
・今後の成長戦略実現向けた強固な財務体質及び経営基盤を確保し、積極的な投資を行うことにより、当社の企業価値の更なる向上を目指す


5.株価終値推移
1/26 1,126円 1/29 998円 1/30 996円 1/31 989円
2/1 994円 2/2 1,026円 2/5 1,023円 2/6 1,006円

⇒ 1,006 ÷ 1,126 = 89.3% (b)
⇒ 上記 (a) ≒ (b)


6.安定操作届出書(2月6日)
http://www.jpx.co.jp/markets/public/stabilization/nlsgeu000002xev1-att/8931-180206.pdf

(1) 安定操作を開始した日時:2/6 9:55
(2) 安定操作取引の成立価格:944円


<感想>
 2/6の日経平均/和田興産の終値は、前日比△1,071.84円(△4.73%)/△17円(△1.66%)。
 2/6の和田興産の安値は993円(9:55)で、9:55に994円で安定操作*が実施された。(募集期間は本日2/7まで。昨日同様、株価下落時は主幹事による安定操作の可能性あり)
 1日ずれたらリスケされた可能性も考えられ、発行会社にとって、2/6の条件決定は絶妙のタイミングだったように思われる。
*
https://www.nomura.co.jp/terms/japan/a/anteisosa.html

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-02-07 08:00 | 公募増資 | Comments(0)