あれっ、ピジョンの海外展開による「m」の変化?


【 ピジョン:海外展開による「m」の変化 】


 今日は、みさき投資の中神康議社長著の「投資される経営 売買(うりかい)される経営」から、「m」(management:経営)を洗練させて企業価値を大きく高めてきた事例としてピジョンを取り上げてみる。(その2)


< ピジョン(7956):育児用品メーカー >

[ 主に海外展開による「m」(management:経営)の変化 ]

・日本の出生数:1973年約200万人⇒現在約100万人
 ⇒ 日本市場=「失われた40年」
 ⇒ 強烈な危機感

・海外展開を積極化:中国で工場建設を進め、インドやトルコにも進出。欧米でM&Aも行うなど

      2008/1 2017/1
海外売上比率 29.1% 56.6%(06/1:19.7%)
経常利益率   6.5% 17.4%
ROE      6.2% 21.1%
(億円)
 売上     492 1,012(18/1予)
 経常利益    32  186(同上)
 当期利益    15  130(同上)
                      
 株価    1,706円 4,265円(18/2/13終値)
    (分割(1株→6株)勘案後15倍)
 EPS(除自己株) 74円 108円(同9倍)
 PER     23倍 39倍(18/1予)


<感想>
 本件は、育児用品メーカーとして、国内市場が半減する中で、主に海外展開による「m」の変化により、時価総額を約9年で15倍にした事例。
 明日以降も「m」を洗練させて企業価値を増大した事例を取り上げてみたい。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------



[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-02-14 08:00 | 企業価値 | Comments(0)