あれっ、シンジケートカバー取引によりグリーンシューオプションは行使されず?


【 シンジケートカバー取引とグリーンシューオプション 】

 2018/2/16、ハーモニックホール・ドライブ・システムズ(6324)の第三者割当増資の結果が開示された。
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120180216473676.pdf


1.新株式発行  1,566,100株


2.自己株式処分 3,100,000株


3.売出(*OA)   333,900株(株主から株式を借入)
*
https://www.nomura.co.jp/terms/japan/o/overallotment.html

4.条件決定(1/22)
 売出価格:7,322円(ディスカウント率6.0%)
 引受価額:7,010.4円(引受手数料4%)
(1/22終値:7,790円)

5.シンジケートカバー(「SC」)取引
(1)期間:1/25~2/23
(2)2/6~2/16の株価:5,930~6,920円(<引受価額:7,010.4円)

*株価<引受価額の場合、主幹事証券はグリーンシューオプション(GSO)を行使せず、自己の計算で市場から株式を買い付けて、OA用に借りた株式を返還した方が「引受価額-株価」(/株)相当額のメリットがある(株価形成も安定化)

⇒ 本件のGSO(引受価額と同一の条件で追加的に株式を取得する権利)は、発行会社の第三者割当増資


<感想>
 本件は、SC取引期間中に、株価が引受価額未満に下がったため、SC取引が行われて(GSOが行使されずに)、第三者割当増資が実施されなかったもの。
 逆に、SC取引が全く行われずに、GSOが全て行使された場合、SC取引期間中に株価は引受価額以上に推移したものと考えられる。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-02-19 08:00 | 公募増資 | Comments(0)