あれっ、損失カバーのための土地の切り売り?


【 東京會舘:3年連続で土地売却益を計上 】


 2018/2/21、東京會舘(9701)が、固定資産の譲渡・特別利益の計上を開示した。
https://www.kaikan.co.jp/ir/files/30_2_21.pdf


1.譲渡の理由
「東京會舘ビル」の建替え事業資金の一部に充当するため(「富士ビル」(三菱地所)「東京商工会議所ビル」の3棟の一体建替え。2018年間竣工)


2.過去3年の譲渡の内容
(土地:㎡、金額:億円)
時期    18/2  17/2  16/2
土地面積 84.22 66.79 56.14
譲渡価額 18.95 15.02 12.57
譲渡益   17.40  13.79 11.53
相手先   いずれも三菱地所

経常利益 △15予 △10.5 △8.8
坪単価   0.74  0.74  0.73
簿価    608万円/坪

※2017/3期末時点での土地面積:1,163.84㎡
(有価証券報告書の本舘(千代田区)部分)


<感想>
 本件は、3年間に渡り、土地の売却益(特別利益)を計上することにより、当期利益ベースでの赤字を回避してきた事例。
(土地売却⇒土地持分割合減少⇒竣工後の建物所有比率減少⇒将来の賃貸収入減少:「利益の先食い」と同じか)
 含み益に頼ることなく、中計の策定等による抜本的な経営改革が望まれるように思う。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-02-24 08:00 | 特別利益 | Comments(0)