あれっ、マーケティング発想のマネジメント?


【 マーケティングのすゝめ 】


 今日は、「マーケティングのすゝめ 21世紀のマーケティングとイノベーション」(フィリップ・コトラー、高岡浩三著)の内容で気になった部分を列挙してみたい。


1.マーケティング(とは何か)
(1)自分(自社)と自分以外との差別化を図り、ターゲット顧客層を絞り込むことを意味する

・自分(自社)が提供できる価値(事業)は何なのか。
・顧客は誰なのか(「顧客の特定」)
・顧客が好み、欲しているモノやサービスは何なのか(「顧客の問題の特定」)

(2)顧客にとって価値のあるモノやサービスを通して、顧客の問題解決のお手伝いをすること


2.マーケティング1.0~3.0
(1)1.0 製品中心(Mind)
製品管理。製品の販売を目的とする

(2)2.0 消費者志向(Heart)
顧客管理。消費者を満足させることに知恵をしぼる

(3)3.0 価値主導(Spirit)
ブランド管理。より良い社会を実現するという崇高な目標を掲げて消費者の価値観に訴える

(4.0 自己実現という視点)


3.顧客の問題(の定義)
(1)顧客が認識している問題(Conscious Problem)
「ここに問題がある」「こうなってくれたら嬉しい」と認知している問題を指す

(2)顧客が認識していない問題(Unconscious Problem)
「自分では気付かなかったけれど、それが解決されればたいへん嬉しい」と気付くような問題を指す


4.マーケティングとイノベーション/リノベーションの関係

(1)イノベーション
顧客の認識していない問題を解決するプロセス(21世紀のマーケティング)を経た結果として生まれた付加価値、成果、ビジネスモデル

(2)リノベーション
顧客の認識している問題を解決するプロセス(20世紀のマーケティング)を経た結果として生まれた付加価値、成果、ビジネスモデル


<感想>
 ネスレ日本CEOの高岡浩三さんのマーケティング発想のマネジメントが理解できる一冊。
 顧客の認識していない問題を解決するプロセスを経た結果としてのイノベーションの大切さを改めて認識させられた。
(ご参照)https://www.ibm.com/think/jp-ja/business/marketing-thinking-of-nestle/

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------
[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-04-02 08:00 | マネジメント | Comments(0)