あれっ、沢木耕太郎の私フィクション?


【 沢木耕太郎:一瞬の夏 】

 「一瞬の夏」(沢木耕太郎著、新潮文庫)を読了した。「映画を撮りながら考えたこと」(是枝裕和著、ミシマ社)で、本作の「私ノンフィクション」に影響を受けたとの記述がきっかけ。

 本作には、先行する小説があった。昭和48年の「クレイになれなかった男」(「敗れざる者たち」文藝春秋刊所収)。それから7年後の昭和55年から56年にかけて、朝日新聞紙上に連載で発表されたのが本作だという。

 本作の解説で、柳田邦男はこう記している。


「『一瞬の夏』という作品は、実作の仲間から見たとき、次のような意味で実現的似てるであり、実験的であるがゆえに、刺戟的であったのである。

(1)不確かなもので充ち満ちている現代において、事実に徹する一つの方法として、自分の眼で見たものだけを信じて、その範囲内で書いたとき、どこまで書けるか。

(2)作家自身がいつも現場に同席し、あるいは事件の核心にかかわりあうような状況に身を置くことによって、作品中に「私」が登場することが必然性を持つ「私フィクション」の可能性。

(3)“年期”とはかかわり合いのない感性や心象風景への傾斜が大きな比重を占める「青春ノンフィクション」とでもいうべき分野の可能性。


 沢木さんは、『クレイになれなかった男』の最後を、こう結んでいた。

「以前、ぼくはこんな風にいつたことがある。人間には?燃えつきる″人間とそうでない人間の二つのタイプがある、と。

 しかし、もっと正確にいわなくてはならぬ。人間は、燃えつきる人間と、そうではない人間と、いつか燃えつきたいと望みつづける人間の、三つのタイプがあるのだ、と。

 望みつづけ、望みつづけ、しかし、?いつか″はやってこない。内藤にも、あいつにも、あいつにも、そしてこの俺にも・・・・・・」」


 昭和55年、1980年に入ったばかりの1月、沢木耕太郎は「ひとりだけの徒弟修業」(「路上の視野」文藝春秋刊所収)にこう記している。

「そして10年。悪戦の末、どうにかいくつかのルポルタージュを書き上げてきた。しかし、気がついてみると、再び『調べても書けない』という地点に佇んでいる自分を発見せざるを得なくなっていた。調べても書けない。いや、もっと正確にいえば、調べたことを書きたくないという思いが強くなってきてしまったのだ。(中略)この80年代に、もう一度たぅたひとりだけの『徒弟修業』が必要とされているかもしれない」


 1979年秋、28歳で芸能界を去る決意をした歌姫・藤圭子に、沢木耕太郎がインタヴューを試みた。聞き手と語り手の「会話」だけで紡がれた、異形のノンフィクション。この「流星ひとつ」が実際に出版されたのは34年後の2013年10月。2013年8月22日の藤圭子の自殺直後だった。「藤圭子という女性の精神の、最も美しい瞬間」を、宇多田ヒカルに知ってもらうためだった。

 80年に入ったばかりの、調べたものを書きたくないという沢木耕太郎の思い。そこには藤圭子へのインタヴューが存在したのは間違いなかろう。

(参考)
http://tsuru1.blog.fc2.com/blog-entry-17.html


<感想>
 柳井CEOの「自分の人生はこうだった。一生かけてこれをやった」と言えることと、燃えつきたいと望みつづけるだけで終わらないことは、同じことを言っているように思われる。?燃えつきる″人間になりたいと思う。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-07-15 08:00 | 沢木耕太郎 | Comments(0)