あれっ、東急不動産が渋谷再開発のために公募増資?


【 東急不動産HD:公募増資・自己株式処分 】


 2018/10/3、東急不動産ホールディングス(3289)が、公募増資・自己株式処分を開示した。
https://www.tokyu-fudosan-hd.co.jp/news/pdf/1684.pdf

 以下は、その概要。


1.目的
「(仮称)南平台プロジェクト」等公表済みの投資計画に係る設備資金(6年間で約3500億円)に充当

⇒ 中期経営計画を着実に遂行すると共に、広域渋谷圏への継続的投資や今後見込まれる新たな事業機会獲得へ向け財務基盤を更に強化する

⇒ 本資金調達による財務基盤の強化を通じ、広域渋谷圏を始めとした都心主要エリアへの積極的投資により一層の賃貸事業基盤の強化を図り、「価値を創造し続ける企業グループ」の実現に向け、株主価値の更なる向上を目指していく


2.公募の内訳
(1)新株発行:71,158千株

(2)自己株式処分:13,500千株

(3)国内及び海外の内訳
 国内一般募集:52,283千株(公募新株式発行:38,783千株+公募自己株式処分:13,500千株)
 海外募集:32,375千株(買取引受け:28,153千株+追加的発行対象株式 4,222千株)

(4)オーバーアロットメント(OA):7,842千株
(ジョイント・グローバル・コーディネーター:野村證券、大和証券及びみずほ証券)
⇒ シンジケートカバー等がない場合、野村證券宛てに第三者割当増資を実施


3.第三者割当
 東京急行電鉄を割当先とする自己株式の処分:17,500千株


4.希薄化率
 発行済株式数:640,830,974株(a)
 公募新株発行:71,158千株(b)
    b÷a = 11.1%
 含む自己株式処分等:110百万株(c)
    c÷a = 17.2%


5.株価終値推移
10/3 778円、10/4 690円(▲11.3%)、10/5 675円(▲2.2%)
⇒ 調達総額:約690億円(上記c×675円×93%(引受手数料4%、ディスカウント率3%))


<感想>
 希薄化が嫌気されて、株価は軟調に推移しているが、大型プロジェクトが続々と控える中、業種柄、有利子負債比率も抑える必要があるため、止むを得ない調達であるように思われる。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-10-06 08:00 | 公募増資 | Comments(0)