あれっ、ソフトバンクが新たなIPO手法に挑戦?


【 ソフトバンク:IPOプライシング等 】


2018/11/30、ソフトバンクのIPOに絡む有価証券訂正届出書が提出された。以下はその概要。

< 仮条件:レンジなしの1本値 >
ブックビルディング方式による仮条件は、引受証券会社から通常レンジでの価格帯で提示されるが、本件は1,500円の1本値のみの提示
https://www.nomura.co.jp/terms/japan/ka/karijouken.html

一方、2018/12/3、日経電子版に、『ソフトバンク上場、異例の値決め 「配当利回り5%」死守』なる記事が掲載されていた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38460990T01C18A2000000/

以下はその「異例の値決め」部分の概要。


1.仮条件:1,500円の1本値(上記の内容)
配当利回り:5%ありき
75円(*1)÷1,500円(*2)=5%
*1:目論見書から予想される年間配当金(配当性向85%)
*2:仮条件


2.引受手数料率:販売先/手法で格差
対面:2.5%
ネット証券:1.75%
機関投資家:1.5%
⇒ 年末間際のメガ・ディールは資本市場の実験場的側面も有している
(普通社債では、個人向けと機関投資家向けの引受手数料で格差を付けるのは一般的)


3.売出し概要
(1)総売出株式数:1,603,693,700株
国内売出し1,427,287,400株
海外売出し176,406,300株

(2)オーバーアロットメント:160,369,400株
国内売出しの需要状況等を勘案し、野村證券がソフトバンクグループジャパンから160,369,400株を上限として借り入れる株式の日本国内における売出し

(3)合計:約1,764百万株×1,500円≒2兆6,460億円

(4)スケジュール
ブックビルディング:〜2018/12/7
売出価格決定日:2018/12/10


<感想>
本件は、国内最大規模のソフトバンクの新たな手法を取り入れたIPO。

思い返せば、普通社債でも、平成7年に国内市場で社債管理会社不設置社債(財務代理人方式)を初めて発行したのもソフトバンクだった。

12/4に、総務省が端末安売りでソフトバンクを行政指導する中でのIPOが、このまま予定通り、進むのか。来週以降の株価推移を含めた、午後の動きに注目して行きたい。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-12-06 08:00 | IPO | Comments(0)