人気ブログランキング |


【 新海誠展 】


 先日、国立新美術館に「新海誠展」を観に行った。
http://shinkaimakoto-ten.com/tokyo/

 以下は、インタビュー記事(「故郷の表情豊かな風景と東京の淀んだ風景」)からのキーワードの抜粋。


1.パソコンで絵をつくる
・小学校高学年の頃からパソコンに触れていた
・自分の組んだプログラムが正確であれば、想像通りの絵が表示される、それが嬉しい


2.人のいない風景
・長野県南佐久郡小海町で育つ
・すごく空の表情が豊かな場所
・高校時代、片道40分くらい電車に乗って通学
・行きは東側の窓際に座り、帰りは西側の窓際に座って、朝日と夕日と窓の外に広がる風景を3年間、眺め続けていた
・高校3年の終わりの春休みは野山を駆け回った
・自分が好きだったまちの風景を思い出せば、東京でしんどくなったときもなんとかやっていけるかな、みたいな気持ちがあった


3.積極的に美しいと思えるものを見つける
・東京の中にもある美しさを意識的に探すようになった
・遠くのマンションとかビルの窓に朝日や夕日が反射して、街中に複数の光源ができてキラキラして見える
・同時に人との出会いがあって思い出が積み重なっていくと、なんだか悪くない風景に思えてきた
・自分の感情や記憶によって、同じ風景がきれいなものに見えてきた


【 感想 】
 新海誠作品に、空や朝日や夕日、(田舎の)まちが美しく描かれているのは、高校時代に小海町の自然を吸収し尽くしたからなのだろう。
 大好きな「言の葉の庭」は、上記3の東京の中にもある美しさが描かれた作品と言えよう。
 新海誠作品の原点に触れられた気がした、あっという間の2時間だった。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

by tsuruichi1024 | 2017-12-09 08:00 | 新海誠 | Comments(0)


【 秒速5センチメートル 】


 以下は、「小説 秒速5センチメートル」(新海誠著、角川文庫)からの一部抜粋。


『  第1話 「桜花抄」


 「ねえ、秒速5センチなんだって」 
 「桜の落ちるスピードだよ。秒速5センチメートル」

 「貴樹くんはこの先も大丈夫だと思う」と明里は言った。


  第2話 「コスモナウト」

 せめて私だけは、この先の人生でどんな人とデートすることになろうとも、その人と一緒にいる時間は全力で相手のことだけを見ていよう。携帯なんか絶対に見ないようにしよう。この人は自分じゃない他の誰かのことを考えているなんていう不安を、相手に与えない人間になろう。


  第三話 「秒速5センチメートル」

 目の前からひとりの女性が歩いてきていた。白いミュールがコンクリートを踏むコツコツという気持ちの良い音が、踏切の警報音の隙間に差し込まれていく。そして踏み切りの中央でふたりはすれ違う。

 その瞬間、彼の心でかすなか光が瞬く。

 そのまま別々の方向に歩き続けながら、今振り返れば──、きっとあの人も振り返ると、強く思った。なんの根拠もなく、でも確信に満ちて。

 そして踏切を渡りきったところで彼はゆっくりと振り返り、彼女を見る。彼女もこちらをゆっくりと振り返る。そして目が合う。

 心と記憶が激しくざわめいた瞬間、小田急線の急行がふたりの視界をふさいだ。


 この電車が通り過ぎたら前に進もうと、彼は心を決めた。


  あとがき

 映像で表現できることと、文章で表現できることは違う。表現としては映像(と音楽)の方が手っ取り早いことも多いけれど、映像なんかは必要としない身上、というものもある。本書を執筆する作業は、かんがえさせてくれる刺激的な経験でもあった。これから先もきっと、僕は映像を作ったりそれが物足りなくて文章を書いたり、あるいはその逆をしたり、はたまた文章的な映像を作ったりということを、繰り返していくのだと思う。


2007年8月  新海 誠 』


 以下は、山崎まさよしの「One more time, One more chance」からの一部抜粋。

『いつでも探しているよ どっかに君の姿を
 向かいのホーム 路地裏の窓
 こんなとこにいるはずもないのに
 願いがもしも叶うなら 今すぐ君のもとへ
 できないことは もう何もない
 すべてかけて抱きしめてみせるよ

 いつでも探しているよ どっかに君の姿を
 交差点でも 夢の中でも
 こんなとこにいるはずもないのに
 奇跡がもしも起こるなら 今すぐ君に見せたい
 新しい朝 これからの僕
 言えなかった「好き」という言葉も』


<感想>
 新海誠監督作品。「秒速5センチメートル」⇒「言の葉の庭」⇒「君の名は。」の流れが好きだ。「秒速5センチメートル」の貴樹と明里、「君の名は。」の瀧と三葉が、それぞれ踏切と階段ですれ違う。山崎まさよしの歌の「いつでも探しているよ どっかに君の姿を」のフレーズが印象的だった。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


by tsuruichi1024 | 2017-10-09 08:00 | 新海誠 | Comments(0)


【 新海誠監督『言の葉の庭』と大江千里「Rain」 】


 以下は、添付HPからの一部抜粋。
 
http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1369999495


『──主題歌に大江千里さんの「Rain」が使われているのは、監督の選曲ですか?

新海:もともと、僕が好きな曲なんです。最初に聴いたのは大学生の時で、同じ学部の女の子に大江千里さんが大好きな子がいいて、その子と一緒にライブに行ったり、カセットテープをいっぱい渡されて聞いたりしたんですけど、「Rain」も好きな曲の中のひとつでした。今回、雨の物語を描いて行く中で「どんな物語がいいかな」と考えた時に最初に浮かんだのが「Rain」だったんです。それを、実際にビデオコンテの段階で勝手にあてはめているうちに「この映画には、この曲以外にないんじゃないか」という気持ちになって来ました。


──歌詞が作品にぴったりですよね。

新海:ぴったりだと思います。特に最初の歌い出しの“言葉にできず”ってところが、すごく良くて。二人の気持ちは、最終的に言葉からはみ出た部分へ行くと思うんですよね。過剰にメロディアス過ぎない所と、雨が降り注ぐような淡々としたメロディがすごくぴったりだと思いました。とはいえ、80年代に発表された大江千里さんの原曲をそのまま使っても、サウンド感が80年代のものなので2013年の映画にはマッチしないんですよね。』


<感想>
 最近まで、『言の葉の庭』の「Rain」も『君の名は。』の(RADWIMPSの)「前前前世」同様、作品と歌が同時進行で作られたものと思っていた。それほど歌がぴったりだったからだ。ほぼ30年前(1988年)の大江千里の「Rain」を聞いてみたくなった。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


by tsuruichi1024 | 2017-08-20 08:00 | 新海誠 | Comments(0)


『言の葉の庭』


 2017/7/8深夜、新海誠監督の掲題アニメをテレビで見た。(http://www.tv-asahi.co.jp/shinkai/

 以下は、関連する「言の葉」の一部抜粋。(出所:
http://los-endos.hatenablog.com/entry/20130926/1380204240、参考:http://hisamitsu.exblog.jp/24363195/


「"愛"よりも昔、"孤悲(こい)"のものがたり。」(『言の葉の庭』キャッチコピー)

「鳴る神の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ」

「じゃあ、また会うかもね。もしかしたら、雨が降ったら・・・」 

「夜、眠る前 朝、眼を開く瞬間 気がつけば、雨を祈っている」

「でも本当は、梅雨が明けてほしくなかった・・・」

「晴れの日のここは、知らない場所みたい。27歳のわたしは、15歳の頃のわたしより、少しも賢くない。わたしばっかり、ずっと、同じ場所にいる・・・」

「鳴る神の 少し響みて 降らずとも 我は留らむ 妹し留めば・・・。万葉集。教科書に載ってました。ユキノ・・・先生」

「私はね、あの場所で 一人で歩けるようになる練習をしてたの 靴がなくても だから今までありがとう」
 
「歩く練習をしていたのは、きっと俺も同じだと、今は思う。いつかもっと、遠くまで歩けるようになったら、会いに行こう」


<感想>
 万葉集に繋がる「言の葉の庭」。言の葉の大切さを改めて感じさせてくれた、とても良い作品だった。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

by tsuruichi1024 | 2017-07-15 08:00 | 新海誠 | Comments(0)