【 不確実性を勝ち抜くためのCEOの役割 】

 2017/10/14、大学の竹内弘高ゼミのOB会ゴルフコンペに参加した。同組で回った71歳になる先生にグロスで一度も勝てたことはない。

 以下は、KPMGコンサルティング株式会社主催の「不確実性の時代を勝ち抜くためのCEOの役割」と題する経営フォーラムの2017/10/11付け日経新聞広告書面(P22)や添付記事*からの概要。

 *ハーバード大学院の竹内教授が斬る「デジタル時代の経営イノベーションのあり方」
 
http://it.impressbm.co.jp/articles/-/15063


1.不確実性が高まる世の中でイノベーションを考える際の重要なポイント

 ・世の中の矛盾は、人間の知恵でしか解決できない
 (人工知能(AI)等のテクノロジーがいくら進化しようとも)

 ⇒ 0を1にする、9を10にすることは人の役割であり、経営イノベーションには人間力が重要である

 <事業を0から10までの段階に分けた場合の担い手>
 (Innovation in the Day and Age of High-velocity change)

 0~1:人間(Human)(無から有を生み出す(=何をするか))

 1~9:ビッグデータとAI(Big Date, AI)(AIやビッグデータ(それらを駆使できる人)に任せる)

 9~10:人間(Human)(顧客へのハイタッチ)


2.ミッション、ビジョン、バリューを明確にする

 ・ミッション(Mission):何のために存在するのか?(Why do we exist?) 

 ・ビジョン(Vision):どのような未来を創造したいのか?(What kind of future do we want to create?)

 ・バリュー(Value):どのような価値観や思いを大切にしているのか?(What values and beliefs do we hold dear?)


 <ホンダのケース>

 ・ミッション:世のため、人のためにモビリティーを高める
  スーパーカブ(60年前)⇒バイク⇒自動車⇒小型ビジネスジェット(全米を席巻中)

 ・ビジョン:小型ビジネスジェット開発により、飛行場で長い待ち時間に耐えるビジネスリーダーの利便性を高めたい

 ・バリュー:待ち時間を減らすことで、ビジネスリーダーは、家族とより多くの時間を共有できる


3.賢慮のリーダーが実践する6つの項目

(1)「善」を判断できる
 ・日本では当たり前だが、米国ではそうではない

(2)本質を把握できる
 ・分析的ではなく、直感的に把握できる必要がある

(3)場をつくる
 ・公式、非公式な場を絶えずつくる

(4)本質を伝える
 ・メタファー(比喩)やストーリー(物語)を駆使し、個人やグループの暗黙知にまで持っていく

(5)政治力を行使する
 ・相反する考えの人を束ねる

(6)実践知を育む
 ・徒弟制やメンタリングを通じて、他者(特に現場社員)の実践知の養成を促す


[ご参照]
「ハーバード竹内教授の原点。手紙と交渉で勝ち取った外資系の内定」
https://newspicks.com/news/1365612
「マッキンゼーとハーバードからオファー。てんびんにかけて下した決断」https://newspicks.com/news/1367747/body
「ハーバードの学生に人気の「インサイド・アウト」の授業」https://newspicks.com/news/1369968/body


<感想>
 野中郁次郎先生との共著「知識創造企業(Tne Knowledge Creating Company)」が出版されてから早20年。現在、来年の出版を目指し、その続編を野中先生と相談中とのこと。その野中先生は、カリフォルニア大学バークレー校ハースビジネスクールの「Lifetime Achievement Award(生涯功労賞)」を学者として初受賞*された。今から続編が楽しみである。
*
http://www.ibs.ics.hit-u.ac.jp/jp/news/2017/07/19105621.html

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-10-15 08:00 | 竹内弘高 | Comments(0)