人気ブログランキング |


【 サムエル・ウルマン:青春 】

 今日は、「中小企業経営百四十話」(今井勇監修/粟嶋浩編著、銀行研修社)の「第十六話 心の若さを保つ」から一部を抜粋してみたい。


『 かつて、マッカーサー元帥や鉄鋼王カーネギーが愛し、日本の優れた経営者がこぞって激賞した、アメリカの心理学者で幻の詩人といわれる、サムエル・ウルマンの「青春」の誌に託して、私達の心を見つめ直してみたらどうだろう。』


(以下の出所:
http://www.rik.ne.jp/itai/seishun.htm)

Youth  
Samuel Ullman

Youth is not a time of life, it is a state of mind.

It is not a matter of rosy cheeks, red lips and supple knees,
it is a matter of the will, a quality of the imagination, a vigor of the emotions,
it is the freshness of the deep springs of ilfe.

Youth means a temperamental predominance of courage over timidity of the appetite, for adventure over the love of ease.

This often exists in man of sixty more than a boy of twenty.

Nobody grows old merely by a number of years . We grow old by deserting our ideals.

Years may wrinkle the skin, but to give up enthusiasm wrinkles soul.

Worry, fear, self-distrust bows the heart and turns the spirit back to dust.

Whether sixty or sixteen, there is in every being's heart the lure of wonder, the unfailing child-like appetite of what's next, and the joy of the game of living.

In the center of your heart and my heart there is wireless station, so long as it receives message of beauty, courage and power from men and from the Infinite, so long are you young.

When the aerials are down, and your spirit is covered with snows of cynicism and the ice of pessimism, then you are grown old, even at twenty, but as long as your aerials are up, to catch the waves of optimism, there is hope you may die young at eighty.


『 この詩は、青春が人生の一時期を指すものではなく、心の状態(たくましい意志・ゆたかな想像力・炎える情熱)であるといっている。理想の有無こそが青春の証であり、希望を持ち続けることで八〇歳になっても青春を謳歌できることを謳い上げている。

 出向すれば銀行を離れ、異なる組織や人間関係の中で慣れない仕事や、初めての経験をしながら仕事を進めていくことになるが、職場は異なっても、もともと人と人との人間性の差は、それほと変わるものではない。

 そのわずかな差によって、仲間として上手くやっていけるか、好かれるか、嫌われて孤独になるか、成功するか、失敗におわるかが決まってしまう。この差は何であろうか。

 それは、不思議なエネルギーを生みだし、人間を豊かにし、一生懸命になれる力を与えてくれる「熱意」なのである。

 熱意こそが新しい人生を約束し、成果を結実させてくれるすべての原動力になるのである。』


<感想>
 私事で恐縮ながら、55歳を前にして外部の会社に出向することになった。出向に際して、サムエル・ウルマンの「青春」にもある「熱意」を失わないことを心掛けて行きたいと思う。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


by tsuruichi1024 | 2018-04-24 08:00 | 出向 | Comments(0)