【 キリンビール 高知支店の奇跡 】

 先日、Podcastの「The News Masters TOKYO」で、元キリンビール(株)代表取締役副社長の田村潤氏のマスターズインタビュー(9月10日〜)を聞いて面白かったので、「キリンビール 高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え!」(田村潤著、講談社+α新書)を読んでみた。

 以下は本書からの一部抜粋。(その2)


 第3章 まとめ:勝つための「心の置き場」


●リーダーシップの確信を支えるもの
 まず、ひたすら考えること。そして、未来は予測できないが、創ることがてきるという思想。この思想で、今はだめな現場がだめでなくなります。実行力への信頼。戦略を柔軟に実行できる適応力。


●勝ちたいという執念
 競合他社との競争に、お客様の獲得という競争に、何としても勝ちたいという執念をもち続けること。この執念の持続性が、勝敗を分けることに直結しています。コミュニケーション活動や広告活動も、「何とかして勝ちたい」という創意工夫から生まれてくる素のです。


●結果のコミュニケーション
 自分がやる、と約束したことを実行できたかどうかをリーダーと(メンバーと)コミュニケーションし、できていなかった場合はなぜできなかったか、ほんとうにできないことだったのかをつきつめることです。つらくても続けていくと、営業マンが自分の頭で考え、行動して、主体的に議論する能力を呼び込みます。


●チームワーク
 ひとりひとり、個人では勝てなくても、チームならば勝てる。

 これが日本企業の勝ちのパターンです。
部分最適の考えを捨てて、全体最適を達成すると、そこに成長があるのです。またメンバーひとりひとりにとっても精神的な力になるのがチームワークの存在です。

 チームワークで達成した喜びは、個人が達成する喜びより広く、深いものとなります。


<感想>
 リーダーが未来は創ることができると思い、みんなが勝ちたいという執念をもち続け、結果をチームでコミュニケーションできれば、良い結果に繋がるに違いない。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-09-30 08:00 | リーダーシップ | Comments(0)


【 人工知能が代替できない人間の三つの能力 】

 以下は、「東大生となった君へ 真のエリートへの道」(田坂広志著、光文社新書)より。へ 真のエリートへの道」(田坂広志著、光文社新書)より。


 人工知能が代替できない人間の能力として、「三つの能力」があるということだ。

 第一は「クリエイティビティ」。
 第二は「ホスピタリティ」。
 第三は「マネジメント」。

 その「三つの能力」こそ、人間だけが発揮できる能力であると指摘されてきた。

 実は、これは、そのまま、本書で述べてきた「三つの能力」でもある。

 すなわち、「クリエイティビティ」とは、直観判断力に基づく知的創造力のことであり、本書で言う「職業的能力」のことだ。

 また、「ホスピタリティ」とは、傾聴力や伝達力に基づくコミュニケーション力のことであり、「対人的能力」のことだ。

 そして、「マネジメント」とは、人間的魅力や人間力に基づくマネジメント力やリーダーシップ力のことであり、「組織的能力」のことだ。


 どうすれば、目の前の現実を変える力、「現実変革力」を身につけていくことができるのか。

 そのためには、君は、「思想」「ビジョン」「志」「戦略」「戦術」「技術」「人間力」という「七つのレベルの知性」を身につけていかなければならない。

 この世の中がどのような摂理・法則で変化しているかを知る「思想」。

 その思想に基づいて、世の中の樣々な変化を予見する「ビジョン」。

 それらの変化の中で、どのような良き変化を実現するかの「志」。

 その良き変化を、いかにすれば、最小の努力で実現できるかの「戦略」。

 いかなる具体的な行動を取れば、その戦略を遂行できるかの「戦術」。

 その戦術を、最も効果的に実行するためのスキルなどの「技術」。

 関与する人々が、共感を持って、智恵と力を貸してくれる「人間力」。

 
 リーダーシップの源泉は、決して「人心掌握力」や「統率力」といったものではなく、メンバーに「この人と共に歩みたい」「この人と一緒に仕事をしたい」「この人の判断に従っていきたい」と思ってもらえる力だ。

 では、具体的に、それは、どのような力か。

 三つの力を挙げておこう。

 第一は、「ビジョン」と「志」だ。

 第二は、「成長への意志」だ。

 第三は、「可能性への信念」だ。


<感想>
 著者の言う、リーダーシップの源泉である、「ビジョン」と「志」、「成長への意志」、「可能性への信念」を身に付けて行きたい。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-07-19 08:00 | リーダーシップ | Comments(0)