【 立会外分売による流動性の向上 】


 2017/12/26、ロングライフHD(4355)が立会外分売に関して開示した。
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120171226442690.pdf


1.立会外分売の結果
(1)分売実施日:2017/12/26
(2)株数:400千株(a)
(3)分売値段:474円(12/25終値489円の3%ディスカウント)
(4)買付申込数量の限度:2千株(b)


2.分売の効果・目的
(1)効果
・200人以上の(個人)株主が増加(a÷b)
・流動性が400千株向上
(発行済株式数(11,190千株)の3.6%)

(2)目的
・東証2部への市場変更に向けた(現在JASDAQ(S))、分布状況の改善・流動性の向上


3.東証2部上場基準
http://www.jpx.co.jp/equities/listing/criteria/listing/

< 前提 >
右記数値:四季報浮動株比率24.1%、12/25終値@500ベース

・流通株式数:4,000単位以上 < 28,704単位
・流通株式時価総額:10億円以上 < 13.5億円
・流通株式数(比率):上場株券等の30%以上 > 24.1%


4.ご参考
(1)東証への届出
http://www.jpx.co.jp/markets/equities/off-auction-distro/

(2)用語解説
https://www.nomura.co.jp/terms/japan/ta/tatiai.html


<感想>
 立会外分売は、分布状況の改善・流動性向上に加えて、公募売出し対比、(1)事務手続きが簡易(目論見書不要等)、(2)引受手数料(通常4%)より手数料割安、などのメリットもある。
 売却株式数がそれほど多くない場合に有効な手法であり、今後とも株式売却全体の一定程度は立会外分売が選択されるであろう。
 なお、上記3の流通株式数は、今回の分売を加味しても未だ30%には届かないため、追加の対策が必要なものと思われる。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-12-27 08:00 | 立会外分売 | Comments(0)


ラクスの立会外分売


 2016/11/28 17:00、ラクス(3923)は、「株式の立会外分売実施に関するお知らせ」(http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1422713)をプレスリリース した。


「株式の立会外分売実施に関するお知らせ」

 1.分売予定株式 113,400株
 2.分売実施日   平成28年11月29日(火)
 3.分売値段   1,357円
 4.買付申込数量の限度 買付顧客1人につき200株(売買単位:100株)
 5.実施取引所  東京証券取引所
 6.実施の目的  当社株式の分布状況の改善及び株式の流動性向上を図るため
  (ご参考)分売の算定基準日及びその価格
   平成28年11月28日(月) 終値 1,395円
   ディスカウント率        2.72%


 翌29日10:00に、「株式の立会外分売終了に関するお知らせ 」(http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1422771)をプレスリリースした。

「株式の立会外分売終了に関するお知らせ 」

 分売実施日     平成28年11月29日
 株数        113,400株
 分売値段      1,357円
 買付申込数量の限度 200株


<立会外分売>https://www.nomura.co.jp/terms/japan/ta/tatiai.html
金融商品取引所の取引時間外(=立会外)で、ある株主からの大量の売り注文を小口に分けて、不特定多数に売り出す売買方法のこと。上場会社の株式分布状況の改善個人株主の増加を目的として利用されている。立会外分売での購入は手数料がかからないうえ、前営業日の終値よりも安く購入できる場合がある。(以下略)(太字は筆者)


 あれっ、でも何で、公募売出でなく、立会外分売なの?


 (1) 届出書/目論見書が作成不要で、手続きが簡便なこと
 (2) 当日終値ベースで値段が確定するため、売出期間中の値下りリスクがないこと
 (3) 引受手数料(通常4%)が不要で、ディスカウント率(通常3%)も小さいこと


 公募売出しに伴う「知名度の向上」等が不要な場合には、流動性向上個人株主の増加売却人の手取り等の観点での「立会外分売のメリット」も大いにありそうだ。


----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら
http://www.mag2.com/m/0001677393.html
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2016-12-03 08:00 | 立会外分売 | Comments(0)