人気ブログランキング |


【 日本の司法制度への絶望 】


 2019/1/4、カルロス・ゴーンの依頼人である高野弁護士は「彼が見たもの」というタイトルでブログを更新した。
http://blog.livedoor.jp/plltakano/archives/65953670.html

 以下はその一部抜粋。


クリスマス・イブの昼下がり、島田一裁判官が1ヶ月ぶりに認めた妻との1時間のビデオ面会に私は立ち会った。二人はお互いの子どもたち、親兄弟姉妹その他の親族や友人、知人ひとりひとりの近況や思い出話を続けた。話題が尽きない。そろそろ制限時間の1時間が経とうとするとき、彼はノート・パソコンの画面に向かって言った。

「君との関係は、子供や友人では置き換えることはできない。君はかけがえのない存在だ。愛してるよ、Habibi。」

私は、日本の司法制度への絶望をこのときほど強く感じたことはない。ほとんど殺意に近いものを感じた。

「カルロス、とても申し訳ない。本当に日本の制度は恥ずかしい。一刻も早くこの状況を改善するために私は全力を尽くすよ。」

返事はなかった。彼は私の存在などないかのように、次の予定を秘書と確認していた。

その1週間後、大晦日の朝、私はニュースで彼がレバノンに向けて密出国したことを知った。まず激しい怒りの感情がこみ上げた。裏切られたという思いである。

しかし、彼がこの国の司法によって扱われてきたことを思い返すと、怒りの感情は別の方向へ向かった。実際のところ、私の中ではまだ何一つ整理できていない。

が、一つだけ言えるのは、彼がこの1年あまりの間に見てきた日本の司法とそれを取り巻く環境を考えると、この密出国を「暴挙」「裏切り」「犯罪」と言って全否定することはできないということである。彼と同じことをできる被告人はほとんどいないだろう。しかし、彼と同じ財力、人脈そして行動力がある人が同じ経験をしたなら、同じことをしようとする、少なくともそれを考えるだろうことは想像に難くない。

それは、しかし、言うまでもなく、この国で刑事司法に携わることを生業としている私にとっては、自己否定的な考えである。寂しく残念な結論である。もっと違う結論があるべきである。

確かに私は裏切られた。しかし、裏切ったのはカルロス・ゴーンではない。

*これは私の個人的な意見であり、弁護団の意見ではありません。


<感想>
 上記は、カルロス・ゴーンの依頼人の高野弁護士の個人的なブログ。
 今後、ゴーン側海外勢 vs 日本の司法制度となった場合、日本側が糾弾されるような気がしてならない。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

by tsuruichi1024 | 2020-01-06 08:00 | カルロス・ゴーン | Comments(0)


【 弘中弁護士:カルロス・ゴーン氏を巡る構図 】


 カルロス・ゴーン氏の弁護士を務める、弘中惇一郎弁護士の「無罪請負人 刑事弁護とは何か?」 (角川oneテーマ21) を読んでみた。
 以下はその一部抜粋。


第三章 メディアとの攻防

  三位一体の怖さ

 薬害エイズ事件のもう一つの特徴は、捜査権力とマスコミと被害者が一体となったことだった。この三者が一体となると非常に危険である。

 たちが悪いのは、マスコミも捜査当局も、ともに自分たちは正義だと信じ込んでいる点だ。だからマスコミは捜査官のリーク情報をもとに、平気で都合の悪い部分は捨て、都合のよい部分だけを膨らませ、読者の興味を惹くストーリーを作る。こうして捜査当局とマスコミと被害者が一体となって、標的を過剰にバッシングする報道がなされるのである。


第四章 弁護士が権力と手を結ぶとき

 本来なら民間同士で解決を図る問題に、捜査権力を利用したのが住管であり、それがこの組織の本質だった。思うに、中坊氏は弁護士という自らの分際をわきまえるべきではなかったか。

 弁護士の本来の役割は人権を守ることであり、刑事事件では被疑者・被告人の権利を守ることである。摘発したり罰したりすることは、弁護士本来の職責と相容れることではない。弁護士は権力を批判する能力はあっても、自分が権利を持ったときに分をわきまえるという自制には慣れていない。

 警察・検察はそれまで権力の行使に対して弁護士から監視、批判されていたが、住管で弁護士と手を結んだ途端、摘発がやりやすくなった。一方の弁護士たちは国家権力を初めて行使できる立場に立って高揚したのかもしれない。


<感想>
 カルロス・ゴーン氏を巡る三位一体は、捜査権力とマスコミと日産自動車の経営陣。
 マスコミも捜査当局も日産自動車の経営陣もともに自分たちは正義だと信じ込んでいる点のたちの悪さや標的を過剰にバッシングする報道も薬害エイズ事件に相似している。
 今後の弘中弁護士の戦い方に注視していきたい。 

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


by tsuruichi1024 | 2019-04-16 08:00 | カルロス・ゴーン | Comments(0)


【 カルロス・ゴーン:重大な不正行為 】


 2018/11/19、日産自動車(7201)が、「当社代表取締役会長らによる重大な不正行為について」なる、プレスリリースを発表した。
https://www.nissan-global.com/JP/DOCUMENT/PDF/FINANCIAL/TSE/2018/20181119TDnet_J.pdf

 以下は、その全文。


[ 当社代表取締役会長らによる重大な不正行為について ]

  当社は、内部通報を受けて、数か月間にわたり、当社代表取締役会長カルロス・ゴーン及び代表取締役グレッグ・ケリーを巡る不正行為について内部調査を行ってまいりました。

 その結果、両名は、開示されるカルロス・ゴーンの報酬額を少なくするため、長年にわたり、実際の報酬額よりも減額した金額を有価証券報告書に記載していたことが判明いたしました。

 そのほか、カルロス・ゴーンについては、当社の資金を私的に支出するなどの複数の重大な不正行為が認められ、グレッグ・ケリーがそれらに深く関与していることも判明しております。

 当社は、これまで検察当局に情報を提供するとともに、当局の捜査に全面的に協力してまいりましたし、引き続き今後も協力してまいる所存です。

 内部調査によって判明した重大な不正行為は、明らかに両名の取締役としての善管注意義務に違反するものでありますので、最高経営責任者において、カルロス・ゴーンの会長及び代表取締役の職を速やかに解くことを取締役会に提案いたします。また、グレッグ・ケリーについても、同様に、代表取締役の職を解くことを提案いたします。

 このような事態に至り、株主の皆様をはじめとする関係者に多大なご迷惑とご心配をおかけしますことを、深くお詫び申し上げます。早急にガバナンス、企業統治上の問題点の洗い出し、対策を進めて参る所存であります。


[ 流れ ]
 内部通報 ⇒ 内部調査 ⇒  検察当局に情報を提供 ⇒ 有価証券報告書に虚偽記載が判明

 カルロス・ゴーン:当社の資金を私的に支出するなどの複数の重大な不正行為
 グレッグ・ケリー:それらに深く関与

 ⇒ 取締役会で代表取締役の解職を決議

(ご参考)
http://tsuru1.blog.fc2.com/blog-entry-475.html?sp


[ 有価証券報告書:新日本有限責任監査法人の監査報告書 ]

財務諸表に対する経営者の責任
 経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

監査人の責任
 当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準 は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、 これに基づき監査を実施することを求めている。

 監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。

 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。

 当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。


[ 株価終値推移 ]
2018/11/19 1,005.5円、11/20 950.7円、11/21 954.1円


<感想>
 日産自動車の監査人である、新日本有限責任監査法人の監査対処範囲が、どの程度まで及んでいたのか。
 海外子会社の不動産に絡んだ支出や、ストックアプリシエーション権(SAR)の内容について、どこまで認識していたのか、大いに気になる。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

by tsuruichi1024 | 2018-11-22 08:00 | カルロス・ゴーン | Comments(0)