【 エーザイ:バランスシートマネジメント 】


 今日は、みさき投資の中神康議社長著の「投資される経営 売買(うりかい)される経営」から、「m」(management:経営)を洗練させて企業価値を大きく高めてきた事例としてエーザイ(4523)を取り上げてみたい。(その4)


[ エーザイ(4523):BSマネジメントによる「m」の変化 ]


< エーザイHD(4523) > (単位:億円)
     2010/3期 18/3期#3Q
売上    8,031  *5,755(0.7倍)
営業利益  864   *600(0.7倍)
当期利益  403   *413(1.0倍)

資本合計  4,217   6,026
総資産   11,019  10,308(1.4倍)
自己資本比率 38.3% 50.1%(1.3倍)
 ROE    9.6%    6.9%(0.7倍)

株価    3,335円 **5,514円
時価総額  9,891 **16,353(1.7倍)

発行済株式数 29,657万株 同左
 ESP    136円   139円
 PER    24.5倍  39.5倍

*2018/3期予想、**2018/2/15終値


< 特許切れ ⇒ 売上・営業利益減 >
・主力商品アルツハイマー治療薬が世界各国で特許切れ
⇒ 2010年以降、売上高・営業利益とも約3割減少


< m:バランスシートマネジメント >
・発想を逆転し、「あるべきBSの姿」というストックを出発点とすることで取れるリスクを明確に
⇒ 時価総額:1.7倍に


< 資本政策の基本的な方針 >
http://www.eisai.co.jp/ir/stock/return.h


<感想>
 本件は、主にBSマネジメントによる「m」の変化により、売上・営業利益が7割になる一方、時価総額を1.7倍にした事例。
 今後も「m」を洗練させた事例に注目して行きたい。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-02-16 08:00 | 企業価値 | Comments(0)


【 アインHD:M&Aを通じたキャッシュフローの創出 】

 今日は、みさき投資の中神康議社長著の「投資される経営 売買(うりかい)される経営」から、「m」(management:経営)を洗練させて企業価値を大きく高めてきた事例としてアインHD(9627)を取り上げてみたい。(その3)


[ アインHD(9627):M&Aによる「m」(management:経営)の変化 ]

・M&Aを通じた「m」の変化 ⇒ キャッシュフロー総出


< 2017/9:公募増資・第三者割当増資の概要 >

http://v4.eir-parts.net/DocumentTemp/20180214_064003253_udowji455qdars2esyelrsqo_0.pdf


1.目的
・調剤薬局事業において全国47都道府県でグループ合計1,055店舗の調剤薬局を展開。17/4期はM&Aを含む 209 店舗を出店

・「かかりつけ薬剤師・薬局」としての機能を発揮すべく、在宅対応を中心とした地域医療との連携、お薬手帳等を活用した薬剤に関する情報の一元的・継続的管理の強化及びジェネリック医薬品の使用を促進

・M&Aを含めた積極的な新規出店により、 事業規模の拡大を推進

・セブン&アイHD(3382)を割当先とする第三者割当による新株式発行を併せて行うことで、同社グループとの連携を強化し、当社グループの更なる発展を実現


2.調達金額
(1)公募増資等
・公募増資:282万株
・自己株式売出:18万株

(2)第三者割当増資(持株比率)

7&I HD宛:27万株(増資前7.78%⇒増資後7.76%

・GSO行使:45万株

(3)総調達金額
・277億円(372万株(1+2)×7,440円(払込金額))


<アインHD(9627)>(単位:億円)
     2009/4期 18/4期#2Q
売上    1,154   *2,675(2.3倍)
営業利益   53    *180(3.4倍)
当期利益   21     *92(4.3倍)

ROE     13.0%  10.2% 
株主資本    164    905
総資産額    620   1,805
株主資本比率 26.5%  50.1%

株価    1,481円  **6,800円
時価総額   190   **2,409(12.7倍)
店舗数   375店    1.045店(2.8倍)
従業員数  2,741人   ***6,469人(2.4倍)

発行済株式数 1,283万株 3,543万株
ESP     166円    260円
PER     8.9倍    26.2倍

*2018/4期予想、**2018/2/14終値、***2017/4期末
(株式分割:2014/10 分1→2)


2018年4月期2Q IR資料の医薬事業成長推移(P20)
http://www.ainj.co.jp/ir/news/presentation_171207.pdf


<感想>
 本件は、主にM&Aによる「m」の変化により、時価総額を約9年で13倍にした事例。
 明日以降も「m」を洗練させて企業価値を増大した事例を取り上げてみたい。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-02-15 08:00 | 企業価値 | Comments(0)


【 ピジョン:海外展開による「m」の変化 】


 今日は、みさき投資の中神康議社長著の「投資される経営 売買(うりかい)される経営」から、「m」(management:経営)を洗練させて企業価値を大きく高めてきた事例としてピジョンを取り上げてみる。(その2)


< ピジョン(7956):育児用品メーカー >

[ 主に海外展開による「m」(management:経営)の変化 ]

・日本の出生数:1973年約200万人⇒現在約100万人
 ⇒ 日本市場=「失われた40年」
 ⇒ 強烈な危機感

・海外展開を積極化:中国で工場建設を進め、インドやトルコにも進出。欧米でM&Aも行うなど

      2008/1 2017/1
海外売上比率 29.1% 56.6%(06/1:19.7%)
経常利益率   6.5% 17.4%
ROE      6.2% 21.1%
(億円)
 売上     492 1,012(18/1予)
 経常利益    32  186(同上)
 当期利益    15  130(同上)
                      
 株価    1,706円 4,265円(18/2/13終値)
    (分割(1株→6株)勘案後15倍)
 EPS(除自己株) 74円 108円(同9倍)
 PER     23倍 39倍(18/1予)


<感想>
 本件は、育児用品メーカーとして、国内市場が半減する中で、主に海外展開による「m」の変化により、時価総額を約9年で15倍にした事例。
 明日以降も「m」を洗練させて企業価値を増大した事例を取り上げてみたい。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------



[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-02-14 08:00 | 企業価値 | Comments(0)


【 みさき投資:持続的価値向上メカニズム 】

 2018/1/23、金融審議会「ディスクロージャーワーキング・グループ」(第2回)議事次第が公表された。
http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/disclose_wg/siryou/20180123.html

 最後に「みさき投資」の資料が添付されていた。
http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/disclose_wg/siryou/20180123/08.pdf

 今日は、この資料と、みさき投資の中神康議社長著「投資される経営 売買(うりかい)される経営」から、持続的価値向上メカニズムを考えてみたい。(その1)


持続的価値向上メカニズムを定義する──『みさきの公理Ⓡ』

V=〔 b × p 〕m(乗)

V:(Value)持続的事業価値の増大


b:(business:事業)に「障壁」がなければ、価値が持続的に上がるはずがない
・独特の強みに根ざした 「障壁」を築いているか?
・競争優位を確保しているか?
> 供給面での競争優位
> 需要面での競争優位
・“ストーリー”
> 「賢者の盲点」や好循環


p:(people:ヒト) が優れていなければ、価値は持続的には上がらない

「p」の第1層──経営陣は『HOP』か?
> Hungry(知的貪欲さ)
> Open
> Public Mind

「p」の第2層──経営層に厚み(Management Depth)はあるか

「p」の第3層──企業文化は健全か?


m:(management:経営)の改善なくして、持続的価値向上なし
「m」の洗練で、価値は指数関数的に上がる

・事業戦略・経営戦略
・事業ポートフォリオ管理
・高収益体へのこだわり
・投資/撤退基準
・戦略的プライシング
・CCC
・SCM、在庫管理
・組織・責任管理体制
・最適資本構成
・最適現金比率
・ガバナンス態勢
・経営者報酬


<感想>
 長期的な価値の創造(≒「成長バリュー」の大きさ)には「m」(management:経営)の改善こそがカギで、弛まない「m」の改善こそが「投資される経営、売買される経営」の最大の分岐点だと言う。
 明日以降、実際に「m」を洗練させて企業価値を大きく高めてきた事例を見て行きたい。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-02-13 08:00 | 企業価値 | Comments(0)


企業価値評価 バリュエーションの理論と実践 第6版上
(マッキンゼー・アンド・カンパニー、ダイヤモンド社)
2016年8月25日 第1刷発行


 キャッシュフローの開示2000年から始まり、東証から「コーポレートガバナンス・コード」(http://www.jpx.co.jp/equities/listing/cg/tvdivq0000008jdy-att/code.pdf)が発表されたのが2015年6月

 原書がマッキンゼーから出されたのが既に四半世紀以上も前のこと。米国では当時から企業価値評価が重視されていたことがわかる。

 マッキンゼーの人たちが考える「本書を通じた意義」を学んでみたい。



『 訳者まえがき Introduction


 第5版からの改訂のポイント


 第6版では、第5版の内容に加え、企業価値評価の実務において近年よく用いる、多様な事業を抱える企業の価値評価方法を第17章「事業単位ごとの企業価値評価」でとりあげた。加えて、第21章「資産収益率を測定する別の方法」においては、IFRS適用やスタートアップの増加による、発生時点で費用計上される研究開発費への対応や、必要資本が非常に小さい事業の評価手法について説明している。これらはいずれも、最近の企業価値評価における実務家のニーズに応えるものである。



 日本における企業価値――25年超の振り返り

 原書Valuationの出版から今日まで、日本企業における企業価値の見方は大きく変わってきた。

 初版出版当時、日本はバブル崩壊後まもなくであった。キャッシュフローの開示も行われておらず、そもそもキャッシュフローとは何かすら十分認知されなかったように思う。その後、1997年のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー誌における“キャッシュフロー経営”特集をきっかけに、企業価値を想像する経営が注目されるようになった。経営の視点が、会計上の利益確保から真の儲けであるキャッシュフローの確保へ転換したといえるだろう。2000年からは財務諸表におけるキャッシュフローの開示も始まり、経営の場でキャッシュフローが論じられるようになった。キャッシュフローという概念は、日本企業経営に定着してきたようである。

 一方、企業価値キャッシュフローほどにはいまだ定着していないように思われる。これは、英語の“Value”が定量的な意味合いをもつのに対して、その訳語として一般的に用いられる日本語の“価値”に定性的な意味合いが強いからであろうか。企業価値を向上する重要性に異を唱える方はいないが、企業価値を定量的に測って戦略を策定し、大胆な価値向上を目指すというところまで至っていないのではないか。

 確かに、この10年で経験した、米国に端を発する日本でいうところのリーマンショックおよび欧州のソブリン危機という2度の経済金融危機においては、企業価値の1つのものさしになるべき株価が、変動が大きすぎて有意義な指標となり得なかったのは事実である。それでも現在、日本企業が保有する現預金や短期保有の有価証券総額が、日本企業年間投資総額約6倍にものぼるまでになっているのは、資金調達に困難を極める状況でないことを考えると、異常といってよいのではないだろうか。

 日本では今後人口減少し、高齢化が急速に進展して国内市場の成長が見込めない中で、グローバルな市場において企業価値向上させる経営が求められている。ところが、日本ではコーポレートガバナンスの機能がいまだに大変弱い。今後は機関投資家個人投資家からの要求が高まる可能性は大である。株主によって、企業が事業の一部売却について検討を求められることも想定される。

 そうした事態に対応していくためにも、企業価値を大きく向上させる戦略を策定し、それによる実際の企業価値の向上について経営レベルで活発な議論がなされ、日本企業の成長につながることを望みたい。そのための考え方着眼点を、この第6版が提供できれば幸いである。

2016年8月 訳者 マッキンゼー・コーポレート・ファイナンス・グループ 』(太字は筆者)


・日本企業の成長につながる、企業価値を大きく向上させるための戦略策定について、経営レベルで活発な議論がなされるような考え方や着眼点の提供、が本書の目的であるようだ。


----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
『まぐまぐ!』へのご登録はこちら
http://www.mag2.com/m/0001677393.html
発行者HP http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------
[PR]
by tsuruichi1024 | 2017-01-06 08:00 | 企業価値 | Comments(0)