人気ブログランキング |


【 化粧品メーカー:設備投資の国内回帰 】


 2019/4/26の日経新聞に「コーセー 国内新工場 化粧品増産へ42年ぶり 」との記事が掲載されていた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44221560V20C19A4TJ3000/

 以下はその内容のポイント。


< コーセー >
・山梨県南アルプス市に肌ケア商品などの新大型工場(敷地面積:10万平方メートル超、投資額:数百億円)を建設

・17年に中国工場を売却。国内では埼玉、群馬に次ぐ3カ所目


< 背景 >
・中国や東南アジアでの旺盛な需要

・18年に3千万人を超えた訪日客は帰国後も日本製を求める傾向が強い

・電子商取引(EC)の普及で、メーカーは現地に工場を持たなくても需要を取り込める

・日本の商品は品質が良く、何より安全・安心の面で中国の消費者からの信頼は高い


< 中国市場における日本製品 >
・中国から越境EC経由で購入される日本製品の市場規模:約1兆6千億円(経済産業省の17年時点の18年の予測)。化粧品や紙おむつなどの日用品が中心で、日本の対中輸出額(約16兆円)の1割に相当

・中国が日本から輸入した化粧品関連:18年には17年比91%増(全体9%増)。主要品目で最も伸びた(日本貿易振興機構(ジェトロ))。


< 中国 >
・19年1月にEC法を施行。「代理購入(代購)」と呼ばれる個人ブローカーを取り締まる一方、越境ECについては税制優遇策を拡大

・中国ネット通販大手のアリババ集団や京東集団(JDドットコム)などは日本などの海外商品の直接調達を拡大へ

・「世界の工場」⇒「巨大な消費市場」へ


<感想>
 化粧品メーカーの設備投資(工場建設)の国内回帰の主な背景は、メイド・イン・ジャパン製品への信頼、グローバル・ベースでのECの普及や流通コストの低下であろう。
 地方創生や日本のGDPにも寄与する、この傾向は大変喜ばしい。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------


by tsuruichi1024 | 2019-04-28 08:00 | 小売 | Comments(0)


【 コンビニ:苦戦、ドラッグ店・ネット通販:好調 】


 2018/3/21、日経新聞に、「コンビニ客、24カ月連続減 既存店、ドラッグ店に苦戦」の記事が掲載されていた。以下は、その概要。
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO28382290Q8A320C1MM8000/


1.コンビニ vs ドラッグ店 vs ネット通販

< 17年(度)の市場規模(売上)見込 >

コンビニエンスストア:10兆6975億円(前年比+1.8%)

ドラッグストア:6兆8504億円(同+5.5%)

国内ネット通販3社*:約6兆7000億円(同+13%)
*楽天、ヤフー、アマゾンジャパン


2.全コンビニエンスストア

(1)対前年既存店売上:24カ月連続のマイナス
(セブン─イレブン・ジャパン/ローソン:8カ月連続、ファミリーマート:11カ月連続)

(2)2月末の店舗数:5万5395店(前年同月比+1.5%)

⇒ 売上高は新規出店でプラスを維持。但し、既存店の顧客を奪い合う状況が継続

⇒ ドラッグストアやインターネット通販の台頭で、2004年(客数の集計開始)以降で最も長いマイナスが続く


<感想>
 コンビニが、ドラッグ店の攻勢(生鮮食品の扱いや24時間営業等)やネット通販の勢いに押されているようだ。
 時代の流れに先んじた戦略が構築できるか、経営者の役割の重要性がこれまで以上に増しているように思われる。


----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

by tsuruichi1024 | 2018-03-23 08:00 | 小売 | Comments(0)