【 宇多田ヒカル:座談会(その3) 】


 今日も「宇多田ヒカル 小袋成彬 酒井一途 座談会」から。(その3)


ー「みんな孤立してるじゃない、本当は。でも一人と一人だったら、それを乗り越えて本当の繋がりを感じられる。それが私の繋がり方だな」
http://www.utadahikaru.jp/zadankai/s9.html

 私はどの国にも属していない、部外者たちが集うインターナショナルスクール、って環境で育ってるから。世界百何十カ国から来てる生徒がいて、共通言語は一応英語だけど、英語喋れない子もいっぱいいた。アフリカからの難民の子が来て、フランス語しか喋れないとか。家族が殺されたから来たんだって。そういう子がいるのが普通だったんだよね。だから、どこにも属していない独特の無国籍地帯、聖域みたいなところで育っちゃったんだよ。今振り返ると、本当にラッキーだったんだなって感じる。すごく貴重な育ち方、教育の受け方ができた。

 その中でも私は浮いてて。グループにも属せず、ひとりふわふわって。常に転校生の状態。一箇所の学校に、最長でも三年とか。飛び級したり、クラスが変わったりもして。だから学校というアイデンティティーすらないんだよ。どこにも母校という意識はないしね。外からぽつんとみんなを見てた。

 みんな孤立してるじゃない、本当は。気づかないで生きてたり、見ないようにして生きてるだけでね。自分が孤立していることを見ない方がいい、考えない方がいい、っていう教育を受けてきてるから。特に日本はそう。集団で繋がっているという幻想を見せて、自分よりも集団を大事にしろっていうでしょう。そういう息苦しさがあるよね。でも一人と一人だったら、それを乗り越えて本当の繋がりを感じられるんじゃない? それが私の繋がり方だな。


ー「俺が思うChris Daveを、Chris Dave本人が叩いたら、果たして誰のビートなんだ?」
http://www.utadahikaru.jp/zadankai/s10.html

 『Fantome』は、私も自分で喪に服してるようだったから、喪が明けて開放されたときに、何が出せるか。ただ下を向いて、悶々と内省するものではないだろうな、という気はしてて。
 それで「遊び」について考えたとき、白洲正子さんの『名人は危うきに遊ぶ』っていうエッセイ集で、「遊びをもたせるということは、余裕をもたせるという意味で使われていた」と書かれていたのを読んで。
 それが、今回の自分のattitudeに共感するところがあった。で、実際その通りになったから、前よりも気楽にできた。なるようになるし、最終的に自分で束ねられる自信があったんだよ。

 『Fantome』を作ったときに、初めて生の演奏を使いはじめたから、その当時はまだ探り探りだったんだよね。自分のデモが生の演奏に差し替わったらどうなるか、というのが、あまりうまく想定できないままに進めていて、やってみてから「あっ、いいじゃん」ってなったりして。そういう風に、初心者的にやってた。

 今回はもう経験を経て、だいたい想定した上でデモを作れたから、良かった。ミュージシャンに対する信頼もあって、前よりもうまくミュージシャンを使えたし。


ー「考えが及ぶ限り、コントロールできる限りのことをやるんだけど、そこで一回手放すんだよ」
http://www.utadahikaru.jp/zadankai/s12.html

 「夕凪」って曲で一番好きな要素があって、聴いてるとすごくいいところでピアニストが体勢を変えて、椅子が「ギギギギ」って言ってる場所が何箇所かあるの。それが絶妙なとこで入ってて。この曲、仮タイトルを「Ghost」にしてたんだけど、おばけがいるみたいで本当に好きなの。この音がなかったら、ここ物足りないだろうなって思う。自然の出来事による雑音が、すごくいい。無音空間だと不自然だから。

(構成・編集:酒井一途.2018年5月22日採録)


<感想>
 母の死後の喪中期だった『Fantome』から2年。
 喪が明けて開放された気楽さ、生の演奏、ミュージシャンに対する信頼、自然の出来事による雑音、色々なものが詰まった『初恋』。
 ベトナムのダナンで毎日「パクチーの唄」を聞いていたら、生まれて初めてパクチーが食べられるようになった。謝謝。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------
[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-08-04 08:00 | 宇多田ヒカル | Comments(0)


【 宇多田ヒカル:座談会(その2) 】


 今日も「宇多田ヒカル 小袋成彬 酒井一途 座談会」から。(その2)


ー「小袋くんは、わかんないから考えない。他者を考えないで自分を保ち、生存する。私は、他者を考える、考えることで生存する。」
http://www.utadahikaru.jp/zadankai/s6.html

 子供の頃、母親に「あんたは本当に人の気持ちがわかんない子だね」って散々言われて、「はーん、なるほど。俺わかんねえんだ。じゃあわかんねえものは、ないものとしよう」と。それから、本当に他者の気持ちをまったく考えずに生きてる、って言い切られたから。
 思春期にそこまでハッキリ決めて、それを信条に生きてるの、珍しいなと思って。特に日本人ではね。私のイメージで言うと、日本社会では周りを気にして、自分を出しにくいというのがあるから。


 根底では、私も他者の存在なんかどうでもいいって、本当は思ってるの。それこそ子供の頃から、大事なものは他者に求めてはいけないと思ってたから。
 大人はみんな、違うこと言ったりするでしょ。だから、真実や救済を他者に求めてはいけない、って気づいてた。けど子供だったから、まだ大人に頼らないといけないじゃない。
 ある程度は他者と共存して、生存していく必要があって。それでわからないなりに、AIみたいに他者の行動パターンとか、思考パターンのデータを集めて、予測したり危険を察知して生きてきた。
 だからある意味で、私は他者のことをすごく考える。事象としてね。自分の身の安全のために。


ー「『ありのままでいいじゃないか!』って思ったとしても、『ありのままでいいのか?』って言ってくる自分がいる」
http://www.utadahikaru.jp/zadankai/s8.html

 女の子って、過去の恋愛を本当に引きづらないよ。よく言われるけど、今好きな人のこと以外どうでもいいから、過去を振り返ってどうとかこだわらないし、今しか感じてない。

(構成・編集:酒井一途.2018年5月22日採録)


<感想>
 他者の行動パターンとか、思考パターンのデータを集めて、予測したり危険を察知して生きてきた子ども時代。
 真実や救済を他者に求めてはいけないと思い、事象として、自分の身の安全のために、他者のことをすごく考えてきたこれまで。
 過去の恋愛を引きづらず、好きな人のこと以外どうでもいい今。
 いろいろな経験が、今日の宇多田ヒカルを創造しているようで興味深い。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-08-02 08:00 | 宇多田ヒカル | Comments(0)


【 宇多田ヒカル:座談会(その1) 】


 今日は、「宇多田ヒカル 小袋成彬 酒井一途 座談会」から。(その1)


ー「真実の追求が根底にあってね。ただただ綺麗で整ってたら、真実じゃない」
http://www.utadahikaru.jp/zadankai/s1.html

 この気まずさはいつまで続くんだろう、どうなっちゃうんだろう、また離婚するのかな、って思っていても、いつの間にか音楽が始まって、「お腹すいたね、なに食べる?」って日常に戻るの。音楽がなかったら、成立しない日常だった。

 「えっ」って思った瞬間、人間は無防備になるじゃない。その瞬間がいちばんニュートラルで、変な考えも何もないふわふわした状態になれるときのはずだから。そのふわっとした感じを聴き手のなかに作れれば、心にすっと入っていけるのかなと思って、意識的にやってるところはあるよ。


ー「急に、地獄の蓋が開いたようになって。歌いながら泣いて、床でティッシュに囲まれながら、鼻水と涙を拭いて」
http://www.utadahikaru.jp/zadankai/s3.html

 特に『Fantome』からは、個人的な体験と直接的に結びついた歌詞になればなるほど、歌詞のフィクション性が高まってる。
 むちゃくちゃ私の、個人的な体験から来てることなのに、歌詞にキャラ設定が生じたりする。五十代くらいの女性が、こういう過去の体験をもって、今こういう風景を見ながら、こういうことを思っている、という設定が同時に出てきたり。
 「真夏の通り雨」もそうだし。「花束を君に」もすごくパーソナルなところから来ているのに、娘の結婚式で感動してる父親、という設定もあったりして。そういうのって、フィクション性だと思う。なんでだろう、不思議だよね。相反するものに思えるのに。

 私は曲を作るという作業、音楽作るということがなかったら、こんなにいっぱいいろんなものがたまってることに気づかずに、病気とかしてるだろうな。音楽という場があって、本当に救われてるんだなって思う。

(構成・編集:酒井一途.2018年5月22日採録)


<感想>
 音楽がなかったら、成立しない日常。
 個人的な体験と直接的に結びついた歌詞になればなるほど、フィクション性が高まる歌詞。
 病気から救われるための音楽。
 私には、宇多田ヒカル自身、とても奥が深い存在のように思われる。

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら
http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------
[PR]
by tsuruichi1024 | 2018-07-31 08:00 | 宇多田ヒカル | Comments(0)